3月 02

つり情報・3-15号 - 特別コラム<釣・具・再・見>

つり情報_0001

3月1日発売の <つり情報 3月15日号> は、

春の爆乗り近し! ヤリイカ特集 & 中深場の根魚に注目

巻頭特集:春ヤリイカ
●回転ビーズ仕掛けでヨレ知らず
●速攻復活! かんたんサバ対策
●DIY生きイカ輸送プロジェクト

など、春の釣り物満載ですが、

 

 

 

 

つり情報_0002特別コラム:
流行にとらわれず釣具と仕掛の本質を射る
<第70回 釣・具・再・見>
仕掛け作り補助器具
老眼世代の救世主となりうるか
ハリ結びやライン接続用補助器具の利便性を探る

 

つり情報_0003 が掲載され、大手釣具メーカーさんの商品と共に、ファジーの <スピード針むすび・標準用・太糸用> <かんたんリーダー結び> <LTノッター> が紹介されました。

特筆すべきは、このような器具が役に立つ <3つのケース>

  • ●結びに慣れていない人が使う
  • ●船上で確実に結ぶために使う
  • ●結べるが、老眼対策として使う

が分析されていますので、針むすび、ライン接続に不便、不満を感じていらっしゃる方々には必見です。

詳細は、本誌をご覧ください。

つり情報_0005ALT-1

 

 

 

 

つり情報_0005AKL-1

 

 

 

 

 

ファジーでは、<釣りをやさしく楽しく> をモットーに、皆様にお喜びをいただけるような <便利な釣具> の開発に努めておりますので、今後とも、ご愛用をいただけますようよろしくお願い申し上げます。

 

Posted in 新聞・雑誌, 詳細/LTノッター, 詳細/かんたんリーダー結び, 詳細/スピード針むすび | つり情報・3-15号 - 特別コラム<釣・具・再・見> はコメントを受け付けていません。
2月 28

爆釣祈願 ・・・ 春ギス接岸が近いかも

2月に投げ釣りに行くなんて、何年ぶりでしょうか!

昔、湘南の投げ釣りクラブにお世話になっていた頃は、雨が降ろうが、雪が降ろうが、厳寒期でも<砂浜>で月例会が開催され、この時期、私は勿論、参加者全員がボウズなんてことも珍しくはありませんでした(笑)。

嬉しいのか心配なのか複雑な気持ちですが、地球温暖化の影響で、年々海水温が高くなっていることもあり、昨日(27日)、ダメ元覚悟で気分転換を兼ねて、久しぶりに厳寒2月の房総に行ってみました。

厳寒期の冬ギスは、水深の有る堤防や磯から狙うのがセオリーですが、昨日は<終日晴れ、午前中は北の風、午後から南西の風> との(当たらぬ・・・失礼、昨日は当たりました・・・笑)天気予報を頼りに、風裏の砂浜で、少しでも海水温が高く、水の澄んでいるポイントを探ってみることにしました。

日が昇り、水温が上がってからが勝負なので、朝はノンビリ出発して、8時近くからスタートです。

16-2-27前原最初に選んだのは、鴨川・前原海岸で、もし、ここがダメなら、両隣りの太海、二間浦、更に小湊など、冬の定番海岸を巡る予定でした。

前原海岸に着くと、北風が強いものの、水色は綺麗で、波は小さくサーファーも居ない絶好のコンディション。

広い砂浜に、釣り人は私だけ(笑)。

 

16-2-27前原 (2)私なりの遠投仕様で、
竿:30号
リール:35mm
ライン:PE0.6号
テンビン:L字型固定テンビン27号+スーパーウイング2+ワイヤーの片側半遊動方式
仕掛け:湘南キス5号X3本の2m
エサ:ジャリメ

 

16-2-27前原 (3R)

6色から巻き始めた期待の1投目はカラ振りでしたが、2投目、5色に入った途端、ガツンと外房キスの強い当たりが入り、慎重に巻き上げたのが、昨日最大の17.5cmでした。

<群れ・・・?> と淡い期待を抱きましたが、そんなに甘くはありませんでした(笑)。

 

16-2-27前原 (4)その後はノンビリ・マッタリと、 沖テトラ周りを狙った拾い釣りを繰り返し、午後一番、ツ抜け(10尾)を達成して納竿としました。

昨日は、大小のキスをまんべんなく掛けるセコイ作戦で(笑)、小針の<湘南キス5号>を使いましたが、途中、何と2回も、20cm超えと思われるキスを掛けながら、巻上途中に頭を振られて外れてしまいました・・・せめて、常用の6号針にしておけばと悔やまれますが、春先は釣れる魚が少ないだけに <数か型か>、針サイズの選択には迷ってしまいます。

まだまだ、群れになっていませんが、ヒネも浅場を回遊し始めたようで、春ギスの接岸が楽しみです。

16-2-27前原 (6)カメラの焦点をパンフォーカスにしたまま、クーラーに突っ込んで撮ったらピンボケ(上の写真)してしまったので、帰ってから撮り直しました。

昨日も、<スーパーウイング2> を使った 、当たりが良く取れ、連掛け性能の良い <片側半遊動テンビン> が活躍しました ・・・ 連掛けは有りませんでしたけどね(笑)。

今年は、桜が満開の頃には、投げキスも釣れ始めるのではないでしょうか!? ・・・ だと良いですね(笑)!

エルニーニョは <今夏には消滅しそう???!> との<噂>がありますので、今年は楽しめるかも???

 

Posted in ファジーな爆釣祈願, 詳細/スーパーウイング | 爆釣祈願 ・・・ 春ギス接岸が近いかも はコメントを受け付けていません。
1月 09

初投げ・・・ でも、駐車マナーは守りましょう

昨年は、1月のタイミングを逃がして、連休明けの5月が<初釣り>になってしまいましたが、今年は1月中にと考え、昨日(8日)、友人と房総半島に初投げに行ってきました。

前日の天気予報では、<曇り時々晴れ、西風2~4m/s>とのこと。
<真冬に西風って、低気圧の通過???>と、嫌な予感はしたのですが、8日を逃すと、何時になるか判らないので、駄目元で西~北風に強い外房総に行ってみました。

朝方、外房総に近づくと、ほとんど無風に近い状態なので、先ず、太海海岸に入ってみました。

太海海岸は、北風に強い海岸で、冬の貴重な釣り場なのですが、海岸近くに駐車場が無いのが欠点です・・・夏は、太海駅の隣に無料駐車場が開設されるようですが、海水浴シーズンは釣りにばなりませんよね。

海岸の直ぐ後方や川を越えた右側の空き地は私有地で、無断駐車はマナー違反です。

IMGP0265当日、私達は、太海海岸から800mほど離れた、仁右衛門島近くの広い道路(路肩駐車可)に駐車して、左写真の沿道を10分ほど歩いて海岸に入りました。

 

 

 

IMGP0264浜で釣りを始めたら、浜の直ぐ後方の土地の所有者が、わざわざ浜まで降りてきて <ここに駐車されると困るんですけど・・・> と言ってこれらました。

私達の車ではない事を説明して、納得してもらいましたが、やはり迷惑なんでしょうね ・・・ 迷惑駐車は、浜の左端に入っていたルアーマンのようでした。

 

近年、房総の主要な砂浜は、夏は海水浴場になることから、広い無料駐車場が整備され、駐車をめぐるトラブルは減っていますが、太海海岸などのように駐車スペースが無い釣り場も多くあります。

空き地に見えても、必ず、所有者がいますので、駐車の許可をもらう必要があります。
多少遠くても、法的に許されている場所に駐車し、歩いて釣り場に入り、近隣の人々に迷惑を掛けないように心がけたいものです。

O名人さて、昨年の正月休みには爆釣・束釣りが有った太海海岸ですが、昨日は、キスの大群はおろか群の影すら見えず、2時間やって、私がピン兄2尾、友人が1尾の貧果で、早々に退散しました。

 

 

 

K名人しかし、こうやって写真を撮ると、私(上)も友人(下)も、キャスターのイメージからは程遠い、古臭い投げ師スタイルですね・・・顔を隠しても、この衣装では、ブログ登場には耐えられないかも知れませんね(笑)。

大手メーカーのテスターさんのように、カラフルで恰好イイ ウエアが必要かも?!・・・今年の新しい課題です(笑)。

さて、太海海岸を諦めた頃から、急に北西風が強くなり、風裏で水の澄んだポイントを探すことが絶対条件になってきました・・・天気予報では、風速2~4m/sだったんですけどね!

鴨川の東条海岸・前原海岸に行ってみましたが、白い濁りと青い海水がまだら模様で、釣れる雰囲気ではありません。

鴨川をパスして、二間浦海岸に行ってみると、湾の手前半分位が薄濁り。
更に、城崎海岸、小湊海岸を覗いて回りましたが、いずこも、海面に白いウサギ波が乱れ飛ぶ大荒れ・・・しかも、風向きは海からの強い南風なんです!??

午前中の帰宅も覚悟しましたが、時間もエサも残っているので、海の状態が一番マシだった前原海岸に戻り、拾い釣りに徹することにしました。

広い海岸に立っていると、背後から台風並みの強い北西風が吹き、時折、つむじ風のような突風で背中が押される最悪の状況になりました・・・くどいですが、天気予報では <風速2~4m/s> だったんですよ・・・今年も新年早々、<当たらない天気予報> だけは健在なようですが、せめて、明日の天気位は当ててほしいもんですね(笑)!

背後から強風を受け、回転投法でやけくその超遠投をしたら、久しぶりに、7色台に突入したのが唯一の憂さ晴らしでしたが、強風で当りも判らず、半分以上が巻き上げたら掛かっていた魚でした ・・・ 竿が倒されるような強風では、 <片側半遊動テンビン>  を持ってしても、キスの当りを楽しむのは無理でした。

IMGP0270

結果、やっとツ抜けの10尾(友人は数尾)で終わってしまいました。

あまりの強風と貧果に、途中からは写真を撮る気にもなれず、帰宅してテンプラの下ごしらえの途中、キスの写真が無いのを思い出して撮ったのが左です(笑)。

 

 

例年、2月、3月は、私の投げキスはお休みで(単純に釣れないからです・・・笑)、次回は桜が咲いてからになりますが、昨年と同じ気象が続くと、今年も <私の投げキス・爆釣祈願> は大苦戦になりそうです。

早く消えてほしいですね・・・エルニーニョ!

 

Posted in ファジーな爆釣祈願 | 初投げ・・・ でも、駐車マナーは守りましょう はコメントを受け付けていません。
12月 30

爆釣祈願も空しく竿納め & 年末年始休業のご案内

今年も、ファジーの釣具をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。
弊社は、12月29日から1月4日まで、年末年始休業とさせていただきます。

新年の営業及び出荷の開始は、1月5日からとさせていただきます。

どうぞ来年も、よろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月29日納竿鴨川年末休業に入った29日、ノンビリと外房の浜を回ってみました。

朝一番、鴨川の東条海岸・右側からスタートしました。
海岸には、私と1人のルアーマンだけ。

水色はさほど悪くなく、小爆釣を期待したのですが(笑)、6色から波口まで、ピンギスの当たりすらありません・・・何で・・・???

 

12月29日納竿鴨川 (2)止む無く、さらに綺麗な水色を求めて、右隣りの前原海岸に。

こちらは、気持ち水の透明感が高く、開始早々、4本針に3連で、一気に期待が膨らみましたが・・・その後は忘れた頃にポツ・・・と掛かるだけ ・・・魚がいないの???

 

 

引き潮に変わったので、東条海岸・左側に大移動したら、何と ・・・ 岸から100m位まで醜い茶色に濁っているんです ・・・ これで鴨川を諦め、放浪を覚悟しました(笑)。

先ず、右隣りの太海海岸を覗きましたが、海岸の左半分が茶色に変色して、竿を出す気にもなれません。

Uターンして左隣りの二間浦海岸に ・・・ こちらは水色こそ悪くないのですが、竿を出してみると、海草の切れ端が連掛け ・・・ かなり底荒れしたようです。

この強い北風では、内房にはまともな釣り場がありませんので、最後の手段として(笑)、小湊海岸に逃げ込みました。

12月29日鴨川納竿小湊海岸は奥まった地形のため、北風にはめっぽう強く、濁りは出にくいのですが、私にとっては、爆釣には縁遠い、拾い釣り海岸なんです。

今回も、濁りは薄く、川の流れ込み周辺は綺麗に澄んでいましたが、やはりキスの群は入っていませんでした。

澄んだエリアを狙って、ポツ・・・ポツと拾い釣りをして、やっと<ツ抜け>の11尾で、今年の納竿となりました。

今年、<私の投げキス・爆釣祈願>では、一度も爆釣には巡り合えませんでしたが、全国的に見ても、天候不順、海況不順が続き、投げやエギングなど、浅場を狙う陸っぱりファンには厳しい一年だったようです。

弊社の新規開発も、年内に決着がつかず、年越しになりましたが、来年の爆釣・束釣りを祈願して、新年を迎えたいと思います。

皆様もどうぞ良い年をお迎えください。

 

 

Posted in ご挨拶, ファジーな爆釣祈願 | 爆釣祈願も空しく竿納め & 年末年始休業のご案内 はコメントを受け付けていません。
12月 21

爆釣祈願! ・・・ の前に、エルニーニョ消滅祈願

オソマツな釣果で、アップを迷いましたが(笑)、今年を象徴するような釣りでしたので、敢えてご紹介します。

年末も近くなりましたが、18日(金)、今年初めての爆釣を期待して(笑)、友人と房総半島に行ってみました。

天気は良かったのですが、北風が強い為、内房、南房は諦め、外房の風裏を捜して鴨川海岸に向かいました。

12月18日鴨川

海岸に着いてみると、濁りの強い場所と弱い場所が混在しており、難しい釣りを覚悟してのスタートになりました。

少しでも水の澄んだエリアを探して、広い砂浜を端から端まで歩きましたが(一部車移動)、どこに移動しても忘れた頃に小型がポツ・・・っと掛かるだけ。

 

 

15-5-8鴨川2

しからば・・・回転投法で目一杯の超遠投(と言っても7色未満ですけどネ)を狙ったら、変な力が入り過ぎて、PE0.6号が ”ブチ!” と高切れ ・・・ でも、今回もちゃんと<LTノット>の結節部(強度70%)で切れてくれました。

替スプールで再投入してから、直ぐにLTノッターて結び直しました・・・ 手前味噌ながら、釣り場では <LTノッター> 様サマです(笑)!

 

12月18日鴨川 (3)それでも、潮が下げに変わると、狭いエリアながら、波口の水色がかなり綺麗なポイントが出始めました。

12月下旬に波口狙いでもないのですが(笑)、<もしかして・・・?!> と試してみたら、最後の波裏で、小型ながらブルブルと小気味良い当たりが連発、ミニ入れ食いを楽しませてくれました。

 

片側半遊動テンビン鴨川海岸のように、大き目の波裏を狙うには、絡みにくい2m/3本針位の仕掛と、大波でも動きにくい重目(25~27号)の固定テンビンが理想なのですが、更に、<ステンレス・ワイヤー>を使った<片側半遊動テンビン>にすると、超遠投から波口狙いまで、当りが取り易く、掛りも良くなるので効果絶大です。

 

 

12月18日鴨川 (4)R結果、17cmを頭に小型20尾(同行の友人は10尾)の貧果でしたが、波口で釣れたことは、まだ爆釣の可能性能が残っていると期待を持たせてくれました ・・・期待だけですけどネ(笑)!

 

 

 

今年は、台風も多かったですが、エルニーニョで気圧配置も目まぐるしく変わり、前線が通過する毎、強風で沿岸が濁り、濁りが消えるのを待っていると、次の強風が吹く繰返しで、投げ釣りやエギングなど沿岸の釣りは、良い海況に恵まれませんでした。

私の <爆釣祈願!> でも、50尾以上が1回も無い、寂しい1年でした。
まだ年末までに1週間チョットありますが、この間に、爆釣を期待するのは難しいでしょうね。

最近の心境は、<爆釣祈願!>よりも、<クタバレ、エルニーニョ!> ・・・ ですね(笑)。

 

Posted in ファジーな爆釣祈願 | 爆釣祈願! ・・・ の前に、エルニーニョ消滅祈願 はコメントを受け付けていません。
10月 25

爆釣間近?! 房総半島・秋の落ちギス

台風25号が小笠原近海を北上して、太平洋沿岸にウネリが押し寄せる中、昨日(24日)、友人と2人で房総半島・内房に、秋の落ちギス捜しに行ってみました。

2015-10-24内房巡り (4)内房総は台風のうねりも入らず、晴天で、風も弱く、潮もまあまあの澄み具合で、ピンギス混じりの爆釣期待がいっぱいだったのですが・・・・・・・・

 

 

 

 

2015-10-24内房巡り (3)大き目の針を口一杯にほおばってくるのは、10cm未満のピンギスだけ・・・ しかもポツポツと掛かるだけ・・・こりゃダメかな(笑)?

 

 

 

 

片側半遊動テンビンこれだけ魚が小さいと、連掛け性能が良く、当たりも良く判る <片側半遊動テンビン> をもってしても、半分の当たりを取るのがやっとですね。

 

 

 

 

2015-10-24内房巡り (2)中型キスの群れをを捜して、内房をウロウロしているうちに、満潮が近くなり、南西の風も強くなってきて、あっと言う間に濁りが広がってしまいました ・・・ 天気の変化が早すぎます(笑)!

近場で釣れる時期なのに、左の浜では30号竿、PE0.6号、27号テンビンで、私なりの遠投で6色攻めでした。

 

2015-10-24内房巡り

結局、3ケ所の浜で竿を出し、ポツポツと拾い釣りをして、19cmを頭に、ピンギス多数の31尾、美味しそうな小ダコ1匹で終わってしまいました。

友人も同じようなサイズが25尾でした。

まだ落ちの群れになっていないようですが・・・そろそろ!?・・・の感じですね。

以前は、9月が台風シーズンで、10月が房総半島の落ちギス開始だったのですが、近年、温暖化による海水温上昇のためか、1ケ月ずれて、11月が <爆釣開始> のようです ・・・ いよいよ爆釣開始だと思うと楽しみですね!

でも、早いですね ・・・ 今年も残り2ケ月です。
爆釣は嬉しいのですが、年末・年始の爆釣って季節感が無くて、何となくシックリ来ませんよね(笑)。

 

Posted in ファジーな爆釣祈願, 詳細/スーパーウイング | 爆釣間近?! 房総半島・秋の落ちギス はコメントを受け付けていません。
10月 15

第6回・錦江湾カップ ― 秋の陣・ひとつテンヤ真鯛祭り


2015 秋の陣 ポスター3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島のK.F.A.<錦江湾フィッシングアソシエーション>主催の 第6回錦江湾カップが、11月1日(日)、錦江湾(鹿児島湾)重富漁港で開催されます。

LTノッター広報用写真R2ファジーも協賛会社として参加をさせていただき、協賛商品として< 村越正海・大野等の LTノッター> と <スピード・ホルダー3 ロングタイプ> を提供させていただきます。

 

 

 

錦江湾は、大型真鯛の生息で有名ですが、<ひとつテンヤ真鯛> 発生の千葉県大原と違い、波の静かな内海であることから、デリケートな当りを楽しむ <ひとつテンヤ真鯛の別天地> として人気が上昇中なのです。

桜島を望む、素晴らしい海で、2~3Kgから6Kgの真鯛の数釣りを満喫できます。

テンヤ真鯛は、リールのドラグ操作(又は、レバーブレーキ)を活用するので、3分近い時間がかかり、作りが悪いとスッポ抜けの心配もある 摩擦系ノット(PRノット、MIDノット、FGノット) が必要とは限りません。

 

LTノット> は、<ノーネームノット> と同じ強度で、スッポ抜けの心配が無く、船中でも、わずか1分チョットで結束できるので、テンヤ真鯛を始めとして、ライト・タックルの船釣りで、誰でも、安心してお使いいただけます。

ハーフヒッチが不要で短く仕上がるので、極細PEラインとPEテーパー力糸を結束する 投げ釣り用としてご愛用をいただき、エギングやSWライトゲーム用としても、人気上昇中です。

素早いノット結束で時合を逃さない<LTノッター>を駆使して、デリケートな釣りを、より楽しく易しくされてください。。

皆様の大漁をお祈り申しあげます。

 

Posted in 大会・イベント, 詳細/LTノッター, 詳細/スピードホルダー | 第6回・錦江湾カップ ― 秋の陣・ひとつテンヤ真鯛祭り はコメントを受け付けていません。
7月 05

趣味の両立 - アウトドア & インドア

毎年6月から雨期(梅雨)が始まると、しばらくの間、釣りや登山などアウトドアの趣味は開店休業になってしまいます。

釣りに行けない時は 針を結んだり仕掛けを作ったりするのも楽しいのですが、雨日が続くと、針結び、仕掛作りだけでは、間が持てなくなってしまいます。

こんな時、1つでも、インドアの趣味があると楽しいものです。

絵画、工芸、読書、映画、ゲーム、音楽など、色々な趣味がありますが、私は、近年、ギターを始めました。

昔、お遊び程度にかじったことがあるので、今回は、思い切って情熱的なフラメンコ・ギターに挑戦中です。

 

左の9枚のCDジャケットは、スペインのフラメンコ・ギターの名手です。

素晴らしい演奏を聴いているだけでもリフレッシュします。

ギターは聴いても弾いても、手軽に楽しめるのですが、実は、いい事ばかりではないんです(笑)。

 

 

 

写真は、私の右手ですが、ギターを弾くために、爪を伸ばしています ・・・ 左手の爪は短く切っていますが。

この爪が、釣りには <百害有って一利無し> なんです。

 

 

それでも、ルアーや大物釣りなら、手袋さえすれば何とかなるのですが、私の好きな <投げ釣り> では、エサ付け、キャスティング、魚外し、仕掛けの絡みほどき、針交換など 指先を使う作業が多く、爪が邪魔をして右手指がうまく使えないんです ・・・ 釣りに行く時は、爪の先端部に瞬間接着剤アロンアルファを塗って爪を保護するのですが、ちょっとでも無理をすると、爪が割れてしまいます。

最初の頃は、右手の 親指、人差指、中指にゴム・サックを被せ、爪を保護しながら釣ったのですが、ゴム・サックに針がブツブツ刺さって釣りになりません(笑)。

止む無く、最近は、釣り場では <にわかサウスポー>  に変身して、全ての作業を左手でやることて、右手の爪の破損を防いでいますが、それでも、爪の間に砂、石粉、イソメの汁などが染み込んで、爪の修復・手入れが大変なんです。

雨でなかなか釣りに行けないし ・・・ 釣りとギターを両立できる方法でも考えてみます ・・・ 新しいアイデアが出るかも知れませんね ・・・ 釣りのアイデア??、ギターのアイデア??(笑)。

早く良い釣り日和になってほしいものです。

 

Posted in ファジーなヒマツブシ | 趣味の両立 - アウトドア & インドア はコメントを受け付けていません。
6月 29

新兵器 - 梅雨?の合い間に植木の剪定

梅雨に入ったの、明けたの ・・・ エ~~ 又、入ったの??? ・・・ 毎度、迷走でおなじみの天気予報ですが、いったい今は、梅雨なんでしょうか(笑)?!

昔は梅雨(バイウ、ツユ)と言えば、シトシト降る長雨で、雨さえ我慢できれば、結構、釣りも楽しめたのですが、近年、梅雨とは名ばかりで、熱帯のスコールのような集中豪雨が多くなりました。

又、突然の強風、落雷、豪雨の来襲で、川や海も濁りが強くなり、釣りを楽しめる日が減ってきたのは、残念なことです。

地球の温暖化で、日本が亜熱帯化し、熱帯のスコールに近い豪雨になって来たことから、もはや死語の<梅雨>は使わない方がいいと考えるのは、私だけではないと思います ・・・ 単純に<夏前の雨期>の方が、判り易いと思いますが、いかがでしょうか?

お隣りの韓国では、気候パターンの変化により、年々梅雨の前後の降水量が増えて、<梅雨入り/梅雨明け>発表による弊害が大きくなったことから、災害への警戒を強める意味で、2009年からは、<梅雨入り/梅雨明け>予報は行わないことにしたそうです ・・・合理的ですね。

日本で同じことは難しいでしょうね ・・・ 独自の予報を禁止しておきながら、名前だけは<気象予報士>と、半分詐欺みたいな国家資格を作り、それを管理する名目で<気象業務支援センター>なる財団法人まで作ってしまうとは、いかにも国土交通省らしいですね ・・・ あれ、知りませんでした?? なぜか気象の管轄は、環境省でなくて、あの〇名高き国土交通省なんです(笑)。

明日の予報も当たらずボロクソ言われてもどこ吹く風、日替わり週間予報/季節予報から、何の役にも立たない桜の開花予報まで、上から目線の<予報>を出し続けるさまは、日本の役所の縮図を見ている感があります。

〇〇TVの気象予報士〇〇さんの天気予報は良く当たる!・・・てなことが有って良いと思いますが、比較されたらメンツ丸潰れなんでしょうね(笑)!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、名ばかりの梅雨の合い間に、思い切って植木の剪定をしてみました。

左は、短時間作業を目指して採用した新兵器です。

電気ノコギリと言う商品で、まさに、ノコギリ刃を電気で前後に動かしてくれる優れ物です。

 

今迄、大きな電動丸ノコと、小さな電動ジグソーが有ったのですが、いずれも植木を剪定したり、ちょっとした木材の切断などには不向きで、普通の手動ノコギリを使っていまいしたが、一度、この電気ノコギリを使ってしまうと、この楽チンさは ・・・ もう手放せません ・・・ 直径4cmの枝でも、10秒位で簡単に切れてしまいます。

電気ノコギリのお陰で、我が家の植木は、短時間に枝を間引いて、高さを低くする事ができました。

この電気ノコギリ、1万円前後で数社から販売されています。
チョット高いと思われるかも知れませんが、植木の剪定や、日曜大工で、時々はノコギリを使う方にお勧めです ・・・ 特に、私のように、腕力に自信が無くなって来た年代には 本当に<電気ノコギリ>様サマです。

 

Posted in ファジーなヒマツブシ | 新兵器 - 梅雨?の合い間に植木の剪定 はコメントを受け付けていません。
5月 26

浜辺の熱中症対策 / 竿立に日傘を取付ける方法

まだ5月だと言うのに、今日、我が家の2階では、室温が30度を超えました。

今夏は、昨年以上に暑くなりそうですが、これからシーズンが始まる投げ釣りでは、シーズン早々<熱中症><日焼け>対策が必要になりそうです。

IMGP0018_01左の写真は、普通のキャップ(左)とツバ広のサファリハット(右)です。

もはや夏の砂浜は、水辺でなく砂漠だと考えるべきで、スポーティなキャップなどでは強い日差しは避けられません。

夏の砂浜では、サファリハットや大き目の麦藁帽子が不可欠です。

 

夏の投げ釣りでは、日の出と共に竿を出して、せいぜい、日が高くなり始める10~11時頃までが限界ですが、もし、それ以上釣りをするような場合、持ってると安心なのが日傘です。

IMGP0001_01日傘をさしながらの釣りは出来ませんので、砂浜に竿立を差して、竿立の先に日傘を取付けるのです。

ベテランの皆さんは、色々な方法で取付けていますが、私は、竿立と日傘の柄を、クリップを介して紐で結び付けるようにしています。

左の写真は、竿立と日傘を分離した状態です ・・・ この状態で、車に積んでおいて、必要な時に組み立てて使います。

 

 

 

IMGP0004_01日傘の柄の上下にドリルで4~5mmの穴を開けてヒモを通し、ヒモの先に2個の金属クリップを連結しておきます。

 

 

 

 

IMGP0007_04組立て方法は、先ず、2個の金属クリップで竿立を挟みます。

 

 

 

 

IMGP0012_01次に、2個の金属クリップの両側の頭の間に日傘の柄を入れ、ヒモで竿立と柄をグルグル巻付けて固定します。

 

 

 

IMGP0013_01左の写真のように、竿立と日傘の柄の間にクリップが入ることで、適当なスペースが生まれ、竿立を斜めにして砂に刺して固定すると、このままの状態で、竿を竿立に掛けることもできます。

クーラーに別の竿立てが付いている時は、日傘用の竿立ては日傘専用として、場所を選ばないのでより便利です。

ここまでして、暑い中で釣りをするか(笑)!? ・・・ とのご意見も多いと思いますが、近年、早朝から暑い日も多く、これくらい用心していないと、気付かないうちに熱中症にかかってしまうことがあります。

これを車に積んでおくと、いつも熱中症のことが頭にあって注意しますので、たとえ使わなくても、注意喚起の効果は抜群ですよ(笑)!

尚、風が強くなった時は、日傘が飛ばされて危険ですので、日傘を畳むようにしてください ・・・ 風が強い時は、風で体温が下がり、熱中症の危険度は低くなります。

上記以外にも、浜辺での熱中症の防止には、風通しの良い長袖のシャツを着る、十分な水分を補給する、濡れたタオルで首などを冷やす、適度に休息を取るなど、総合的な対策が必要になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

インドでは、熱波で気温が50度近くになり、500人以上もの人が熱中症で亡くなったそうですが、カリフォルニアでは雪が降っているそうです。

地球規模の気象異変が激しくなっています。
油断は大敵です・・・皆様も、熱中症にはご注意ください。

 

Posted in ファジーな爆釣祈願 | 浜辺の熱中症対策 / 竿立に日傘を取付ける方法 はコメントを受け付けていません。