12月 06

<固着返し>活用の<仕掛けのクセ・ヨレ除去シート>

先の、謝恩プレゼント第4弾 <固着返し&固着返しE> 中で、ご紹介できれば良かったのですが、<固着返し&固着返しE> は、固着の解除だけでなく、仕掛けのモトス、ハリスに多発するクセ・ヨレを除去するシートとしても、素晴らしい効果を発揮します。

原寸大のまま、<固着解除シート> と <仕掛けのクセ・ヨレ除去シート> の両用として使うことも可能ですが、繊細な仕掛けのクセ・ヨレ除去専用として使う場合は、<固着返し&固着返しE> を、扱い易いように小さ目にカットすると、抜群の使い勝手を発揮します。

 

 

 

私は、長年、投げ釣り仕掛けのモトスのクセ・ヨレ除去に愛用しています。

2014年3月14日のブログ中に、左の写真で簡単にご紹介済みで、既に、ご愛用のお客様もいらっしゃると思いますが、今回、改めて詳細をご説明させていただきます。

 

投げ釣りでは、2~3mの長い仕掛けを使いますが、モトスには、仕掛巻の巻きグセ、海中での折れ・曲がりグセ、魚の暴れグセなどが付き易く、又、ポイント移動の際は、再び仕掛巻の巻きグセが付くなど、終日、クセ・ヨレとの対決が続きます。

長いモトスが可能な限り一直線になっている方が、魚の掛かりが良くなるので、小まめに、クセ・ヨレを除去することが、大漁にもつながります。

クセ・ヨレの無いモトス、ハリスが大漁につながるのは、投げ釣りだけでなく、船釣りでも同じですね。

尚、少しでも仕掛けがヨレたら、即、使い捨の方には、不要かも知れませんネ(笑)。

 

モトス、ハリスがナイロン5号以下の仕掛けでは、原寸大の <固着返し&固着返しE> では、大き過ぎて使い難いので、左写真のように  <5~6cm X 3~4cm>  位の小さなサイズにカットすると、とても使い易くなります。

 

 

 

具体的には、現在の <固着返し&固着返しE> を、ハサミで左写真のようにカットして使います。

固着返し KG-1> からは4枚、<固着返しE KG-E> からは4~6枚の <クセ・ヨレ除去シート> を作ることができます。

 

 

カットした <クセ・ヨレ除去シート> には、上部に小さな穴を開け、スナップ付スイベルを付けて、ピンオン・リールなどにセットすると、スピーディな作業が可能です。

使い方はとても簡単です。

シートを折り曲げて、クセ・ヨレの付いたモトス、ハリスをしっかり挟み、

 

 

 

 

モトス、ハリスの片側を持ち、シートで反対方向に、モトス、ハリスをユックリとシゴくだけです。

この時、発生する摩擦熱で、モトス、ハリスのクセ・ヨレが除去されます。

 

 

 

モトス、ハリスのクセ・ヨレ除去には、この摩擦熱が大切なのですが、短い距離をユックリとシゴくだけで、大きな摩擦熱を発生させるには、モトス、ハリスとシートの間に強い密着力・摩擦力が必要となります。

もともと、<固着返し&固着返しE> は、この両方を備えているので、<クセ・ヨレ除去> にも、大きな効果を発揮するのです。

尚、この <クセ・ヨレ除去シート>  は、ホームセンターなどで市販のゴム・シートをカットしても作ることができますが、ゴム・シートは <固着返し&固着返しE> のように、シート中に繊維が織り込まれていないので、摩擦熱でゴムが切れやすく、太陽光でゴムが劣化しやすいので、使用寿命が短いのが欠点です。

この点、特に <固着返し KG-1> は、粘着性、摩擦性能に優れた高品質のシリコン素材中に、強力なポリエステル繊維を埋め込んであるので、<固着解除シート> としてだけでなく、<クセ・ヨレ除去シート> としても、最高の性能を発揮します。

皆様も、クセ・ヨレの無い仕掛けを駆使して、最高の釣をお楽しみください。

 

 

 

Posted in 爆釣祈願(投げキス編), 詳細/固着返し | <固着返し>活用の<仕掛けのクセ・ヨレ除去シート> はコメントを受け付けていません。
11月 18

爆釣祈願 – <落ちギス爆釣>はあるのかな~~?

最近、爆釣祈願ブログを更新していないのですが、釣りに行っていないわけではないんです。

今年も、2~3ケ月に1回位は、投げ釣りを楽しんでいるのですが、爆釣・束釣りはおろか、ミニ爆・プチ爆にも巡り会えず、特に、ワイフ同伴の時は1時間も釣れないと、直ぐに諦めムードに突入し、美味しい地元料理店探しのグルメ・ドライブに変更されてしまうんです(笑)!

お陰様で、釣りの途中(?)にもかかわらず、マグロの漬け丼、海老カキ揚げ丼、穴子テンプラ、伊勢海老ラーメンなど、美味しい物が食べられるようになりましたが、これを爆釣祈願ブログで紹介するわけにもゆかないので、ブログの更新ができないんです。

近年、特に、落ちギス爆釣がなくなったのは、勿論、キスの大群に巡り会えないからなのですが、地球温暖化の影響か、海水温の高い状態が続き、又、短時間の気圧変動で発生する強風によって沿岸海水が濁る日が多くなり、中型キスが大群となり、越冬準備のため接岸して荒食いをする習性が薄れて(無くなって)しまったのではと心配になります。

事実、昔、投げキス釣りを楽しんだ <タイ・バンコック周辺> では、キスはいつでも釣れるものの、日本のような<落ちギス爆釣>は無いとのことで、<落ちギス爆釣>が、日本の四季が主因の、日本特有のキスの行動であることは間違いありません。

そんな <落ちギス爆釣> を夢見て、11月16日、房総半島・外房に行ってみましたが、期待の鴨川海岸は、薄濁りでキスの気配すら無し。

止む無く、外房を北上して、北~北東風の風裏に当たる、小さなワンド海岸を探ってみることにしました。

鴨川の左隣り二間浦海岸は、サーファーが群がり、薄濁りの水色でパス。

更に北上して城崎海岸を覗くと ・・・ ルアー釣りがパラパラで、何と、ブルーの綺麗な水色じゃありませんか!?

まあ・・・結果的には、鴨川、二間浦に比べれば、マシな水色だっただけなんですけどね(笑)。

 

 

 

早速、釣り始めると、ピンギス中心ながら、ポツポツと掛かってきます。

この日は小潮で、潮の動きは良くはなかったのですが、それでも昼の満潮近くになれば、中型の群れが回遊してくるのでは!!??? ・・・  と、淡い期待で待ちましたが ・・・

 

 

・・・ 昼の終了時間まで、何~~ンの群れも回遊して来ず、ピンギス中心(最大18cm)に、ポツリポツリの拾い釣りで、16尾の貧果に終わってしまいました。

 

 

 

 

釣れない話ばかりで恐縮ですが、その前は、10月22日、<秋ギス爆釣> を追って内房を回ってみたのですが ・・・

最初は、保田海岸からスタートしましたが ・・・

 

 

 

 

 

ピンギス中心にポツポツと掛かるものの、とても群れが回遊してくるとは期待できない状態で、早々に諦めて岩井海岸や館山周辺を探ってみましたが、どこにも、秋ギスの群れは居ませんでした。

 

 

 

 

内房を徘徊した結果は、ピン兄中心(最大18cm)の15尾と、これ又、お恥ずかしい貧果でした。

 

 

 

 

今年から、おなじみ連掛け性能の良い <片側半遊動テンビン> に、房総・爆釣用の大針・太仕掛けと、昔、湘南海岸で親しんだ小針・細仕掛けも総動員して、使い分けているんですが、キスの群れがいないことには、何をしても悪あがきにしかなりませんね(笑)!

先週11月14日、平年より3週間以上遅れて、北海道で初雪が観測され、関東でも、少しは寒くなって来ました。

冷たい北風が吹き始めると、沿岸の海水温も下がり始めます ・・・ だとすると ・・・ 関東では、11月下旬から12月上旬頃に、落ちギスの群れが動きだすのでは??? ・・・ などと、期待ばかりが膨らんでしまいます(笑)。

過去には、落ちギスの <クリスマス爆釣> <正月休み爆釣> も記録がありますが ・・・ さてさて、今年の <落ちギス爆釣> は、何時になるやら、有るのやら??? ・・・楽しみと不安が一杯ですね!

 

 

Posted in 爆釣祈願(投げキス編), 詳細/スーパーウイング | 爆釣祈願 – <落ちギス爆釣>はあるのかな~~? はコメントを受け付けていません。
10月 15

第11回 錦江湾カップ・ひとつテンヤ真鯛釣り大会

やっと、ヤ~ット、や~~~っと、猛暑、長雨、台風が終わり、爽やかな秋になったようデス! ・・・ しかし、今年の天候は、最悪でした!!!!

さて、今秋も、鹿児島K.F.A. <錦江湾フィッシング・アソシエーション> 主催の第11回・錦江湾カップ・ひとつテンヤ真鯛釣り大会が、11月4日(日)錦江湾(鹿児島湾)重富漁港で開催されます。

錦江湾は波の静かな内海で、6Kg超えの大型真鯛が生息し、デリケートな当りを楽しむ<ひとつテンヤ真鯛>の別天地として人気の釣り場です。

真鯛以外にも、外道の大型コロ鯛なども多く、強烈なファイトが楽しめます。

弊社では、今回も協賛会社として、下記の商品他を提供させていただきます。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スピード・ホルダー3 ロングタイプ

錦江湾(鹿児島湾)、東京湾、伊勢湾など、大波で船が大揺れしない釣り場で、中小物釣りに活躍中です。

竿にクランプ部品の取り付けが不要なので、手尻の短い中小物竿、ライトタックル竿、ひとつテンヤ竿などでお使いいただくと、竿を握った時のフィーリングを損なうことがなく、

➀ 竿を上げるだけで、自動的に竿掛けから外れ、スピーディに合せられる

➁ 竿先を送り込みながら、魚に違和感を与えず、竿掛けから外せる

の2通りの外し方で、スピーディ & デリケートな当たりに対応することが出来ます。

 

 

 

 

かんたんリーダー結び

錦江湾は、大型真鯛で有名ですが、大型コロ鯛などの外道も多いので、真鯛とは一味違う強烈な引き込みにも対応する必要があります。

従い、万全な仕掛けが安心で、結節強度100%を誇る、最強PRノット のご活用をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

ひとつテンヤに限らず、秋晴れの海、川、湖で、自然を満喫しながら、釣りを楽しみたいものです!!

皆様の好釣、大漁をお祈り申し上げます。

 

 

Posted in 大会・イベント, 詳細/かんたんリーダー結び, 詳細/スピードホルダー | 第11回 錦江湾カップ・ひとつテンヤ真鯛釣り大会 はコメントを受け付けていません。
7月 02

つり丸・7-15号 新コーナー・Looking Mistake

つり丸・7-15号

発売 : 2018年7月1日

7月。 そろそろ梅雨も終わり本格的な夏がやってくる。 夏は暑いからいやだ? ちがう! 沖釣りの夏は暑いんじゃない、熱いんだ!!

7月は釣ってたのしく食べて美味しい極上のターゲットが目白押し! さあ、行くぜ! 夏の沖釣りへ!!

巻頭特集 :
7月の極上ターゲット7
★タチウオ★ムラソイ★アジ★スルメイカ★メタルスッテ★タイラバ★オニカサゴ

 

 

今月号から、<Looking mistake (間違い探し)>コーナーがスターしました。

左のように、2枚の写真を比べ、3ケ所の間違いを探すクイズですが、チョット目をこらして両写真を眺めれば、かんたんに見つかると思いますよ(笑)!

今回は、<かんたんリーダー結び> 2個を提供させていただきます。

締切り : 8月1日当日消印有効

詳細は、つり丸・7-15号をご覧ください。

 

 

 

 

上記でプレゼント提供をさせていただく <かんたんリーダー結び 品番KL-1>  です。

PEラインのノット史上最強・結節強度100%の <PRノット> を、簡単、確実に結べる特許構造です。

表側で、前半の巻付けを済ませたら、そのまま糸を裏側に回し、後半のハーフヒッチを手の平の中で、強固に仕上げることができます。

 

 

ボビン中央部の重量調節ウエイトを脱着するだけで、細糸用(PE0.4~2号)と 標準用(PE2~6号)に切替が可能です。

更に、別売りの <PR太糸用マグネットウエイト 品番M50> を追加すると、PE8~16号にも対応が可能です。

 

 

メバルから巨大マグロまで、ほぼ全ジャンルの釣りで結節強度100%を誇る <PRノット> を活用できますが、慣れると、PE0.2号ラインとフロロカーボン0.8号リーダーの極細ライン結束も簡単で、サツキマスなど河川でのPEラインとリーダー結束にも活躍しています。

今年も、<かんたんリーダー結び> を駆使して、大物、超大物を仕留めてください。

尚、幾ら釣りが熱くても、真夏の暑さには十分にご注意ください(笑)!!

 

 

 

 

 

 

 

Posted in 新聞・雑誌, 詳細/かんたんリーダー結び | つり丸・7-15号 新コーナー・Looking Mistake はコメントを受け付けていません。
5月 21

第9回 上州屋・大原マダイ釣り大会

今年も、7月1日(日)上州屋主催の <第9回マダイ釣り大会> が、千葉県いすみ市大原港で開催されます。

今年は、<ひとつテンヤ部門>と<タイラバ部門>の2部門で開催されますが、募集人員445名 という人気の大会です。

ファジーも協賛会社として参加をさせていただき、協賛商品として <かんたんリーダー結び> を提供させていただきます。

皆様の大漁をお祈り申し上げます。

 

 

 

テンヤマダイもタイラバも、PE0.6~1号の細いPEラインに、ナイロン(フロロ)2~4号を直結するラインシステムで大鯛を狙いますが、大鯛だけでなく、大物外道が掛かることも多いので、ラインとリーダーの結節には、<結節強度100%のPRノット> が安心です。

この最強PRノットを船上でも、仕上げのハーフヒッチを含め、わずか3分で確実に結束できるのが <かんたんリーダー結び> です。

メバル用の極細PE0.4号から、マグロ用の強力PE6号まで(別売り太糸用マグネットウエイトを併用すると、PE16号まで対応可能)、1台でほぼ全ての海川のラインシステム作りに対応できます。

どうぞ、ご活用ください。

 

 

 

Posted in 大会・イベント, 詳細/かんたんリーダー結び | 第9回 上州屋・大原マダイ釣り大会 はコメントを受け付けていません。
5月 09

第19回ファミリーフィッシング&クリーンアップビーチ

今年も、恒例の 第19回ファミリーフィッシング&クリーンアップビーチ が、富山県・黒部市・石田フィッシャリーナ周辺で開催され、ファジーも協賛会社として参加をさせていただきます。

開催日 : 2018年6月3日(日)

場 所 : 黒部市石田フィッシャリーナ周辺

主 催 : 全日本サーフキャスティグ連盟北陸協会

運 営 : 岩瀬釣友会

 

 

 

 

 

釣りは5:30~10:00迄で、10:00からは、参加ファミリー全員で海岸の清掃を行う素晴らしい投げ釣り大会で、その活動は新聞などでも報道されています。

釣りを通じて、自然と親しむことを目的としているため、釣果を競うこともなく、各社からの協賛品は、参加者に抽選で渡されています。

今年も、好天に恵まれ、楽しい大会になりますよう、お祈り申し上げます。

 

 

Posted in 大会・イベント | 第19回ファミリーフィッシング&クリーンアップビーチ はコメントを受け付けていません。
4月 24

<スーパー仕掛巻・大型>活用の8連結スプール

先にご紹介の <投げ釣り用PEラインのお手軽・着色方法> に関し、空スプールの入手方法についてお問合せをいただきましたが、残念ながら、ここでなら確実に入手できると言った方法が分からず、申し訳ございません。

行きつけの釣具店さんにお願いをして、使用済みの空スプールが有れば、分けてもらう位しか思いつきません。

そこで、弊社で販売中の<スーパー仕掛巻・大型(SS-L)>を活用できないものか試してみたところ、十分に使えることが判りましたので、ご紹介をさせていただきます。

ただし、もともと <スーパー仕掛巻> は、連結スプールとして使うようには設計してありませんので、面倒ですが、<スーパー仕掛巻>8個にヒモを掛けて、連結していただく必要があります。

難しい作業ではありませんので、下記の写真説明をご覧いただければ幸いです。

★ 準備していただくもの :

<スーパー仕掛巻・大型(SS-L)>8個 と丈夫な細ヒモ2m位

<スーパー仕掛巻・中型(SS-M)> でも、巻取り速度が遅くなりますが、何とか使えます。

 

 

★ 連結の手順 :

写真のように、1本が60cm位の細ヒモ3本を2つ折りにして、1枚目の <スーパー仕掛巻> の6本の柱の3本に掛けます。

 

 

 

 

掛けた2本のヒモを、1回クロスさせます ・・・ これは、ヒモの遊びを減らして、連結したスプールの空回転を減らす目的です。

 

 

 

 

2枚目の <スーパー仕掛巻> を上に載せ、クロスさせた状態の細ヒモを通します。

 

 

 

 

 

再び、2枚目に掛けた2本の細ヒモを1回クロスさせます。

 

 

 

 

 

3枚目の <スーパー仕掛巻> を上に載せ、クロスさせた状態の細ヒモを通します。

これで、3枚に細ヒモが掛かりました。

 

 

 

 

同じことを繰り返して、8枚の <スーパー仕掛巻> に細ヒモを掛けます。

 

 

 

 

 

3ケ所の細ヒモを、強く引張って遊びを取り、しっかり固結びします。

 

 

 

 

 

固結びの両端を短く切れば完成ですが、結び目が解けるのが心配なら、結び目に少量の瞬間接着剤を染込ませれば安心です。

 

 

 

 

8連結スプールの完成デス ・・・工夫すれば、何とかなるモンですね(笑)!

スプールの軸径と、台座の軸径が違う時は、台座軸にボール紙などを巻いて太さを調節してください。

<スーパー仕掛巻>の連結スプールの回転は、鉛筆など先の尖った棒をスプールのギザ歯に掛けて回転させることが出来ます ・・・ 勿論、適当なハンドルを取付けておけば完全です。

上記は、<スーパー仕掛巻> に限定せず、お手持ちの古い仕掛巻を連結しても使える可能性が有りますので、試されてください。

以上、釣りに行けない(行っても釣れそうにない)ヒマを持て余して、紹介をさせていただきました(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年も春の強風で、連休前の爆釣は儚い夢と消えそうです!

連休中は潮回りも、天気も、海況も悪くはなさそうなのですが、関東では連休は <道路が大渋滞> <駐車場が大混雑> <潮干狩り・水遊びで大混雑> <サーファーで大混雑> が予想され、砂浜の投げ釣りなどは、釣りをする前からフラストレーションの塊りになってしまいます・・・ 連休が明けて、人が少なく、静かで、穏やかな海に戻るのが待ち遠しいですネ!(笑)

 

 

Posted in 爆釣祈願(投げキス編), 詳細/スーパー仕掛巻 | <スーパー仕掛巻・大型>活用の8連結スプール はコメントを受け付けていません。
4月 17

第10回 錦江湾カップ・ひとつテンヤ真鯛祭り

今年も、鹿児島K.F.A .<錦江湾フィッシング・アソシエーション> 主催の第10回錦江湾カップ・ひとつテンヤ真鯛釣り大会が、5月27日(日)錦江湾(鹿児島湾)重富漁港で開催されます。

錦江湾は波の静かな内海で、大型真鯛が生息し、デリケートな当りを楽しむ<ひとつテンヤ真鯛>の別天地として人気上昇中です。

前回の大会では、全体で155枚もの釣果があったものの、運悪く大鯛には恵まれなかったようで、今年は、記録更新が期待されます。

 

 

 

 

 

 

今年こそ、6Kg超えの大鯛を期待したいですね!

 

 

 

 

 

大型コロ鯛など外道も健在のようです!

 

 

 

 

 

大会のご盛況と、大漁をお祈り申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファジーでは、今回も協賛会社として、下記の賞品などを提供させていただきます。

スピード・ホルダー3 ロングタイプ

錦江湾(鹿児島湾)、東京湾、伊勢湾、瀬戸内海など、比較的 波の静かな海の中小物釣りに活躍中です。

竿にクランプ部品の取付けが不要なので、手尻の短い小物竿、ライトタックル竿、ひとつテンヤ竿などでお使いいただくと、竿を握った時のフィーリングを損なうことなく、

➀ 竿を上げるだけで、自動的に竿掛けから外れる➁ 竿先を送り込み気味に、竿掛けから外せる

の2通りの外し方で、スピーディ & デリケートな当たりに対応することが出来ます。

竿は手持ちが原則のひとつテンヤ真鯛ですが、スピード・ホルダ-3の活用で、竿掛けに掛けたままでも、手持ちに近い状態を保持できます。

 

 

かんたんリーダー結び

錦江湾は、大型真鯛で有名ですが、大型コロ鯛などの外道も多く、真鯛とは一味違う強烈な引き込みに対応する必要があります。

従い、ラインとリーダーのノットも、結節強度100%を誇る、最強PRノット  をお勧めします。

 

 

 

 

 

スーパー仕掛巻・大型

スーパー仕掛巻(大型・中型・小型)は、独特のUターン構造により、ハリスの長さが異なる多点針仕掛けでも、枝針が緩むことなく綺麗に収納できます。

直径8.4cmの大型は、船仕掛けだけでなく、ハリス付きの大型針や、ビーズ付きモトス部など、仕掛け部品の収納・携帯にも活躍します。

水が浸み込むスポンジ材を使っていないので、海水が掛かっても、丸ごと水洗いして塩分を流すだけで、針など金属の錆を防いでくれます。

 

 

固着返しE

ひとつテンヤ釣りに限らず、デリケートな当りを楽しむ釣りでは、竿にも細身でデリケートな調子が要求されます。

しかし、細身になるほど、継目のテーパーが小さくなり、固着が起こりやすくなってしまいます 。

このようなデリケートな竿の固着解除の補助具として設計した商品が 固着返しE です。

主に振出竿の固着解除ですが、大判なので並継竿にも使えます。

タックルボックスに入れておけば、いざと言う時、頼もしい助っ人になってくれます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今後とも、ファジーの釣具をご愛用いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

Posted in 大会・イベント, 詳細/かんたんリーダー結び, 詳細/スピードホルダー, 詳細/スーパー仕掛巻, 詳細/固着返し | 第10回 錦江湾カップ・ひとつテンヤ真鯛祭り はコメントを受け付けていません。
3月 26

投げ釣りPEラインのお手軽・着色方法

今年も桜が満開となり、本格的な釣りシーズン開幕が近づいてきました。

投げ釣りでも、準備万端、シーズン開幕を心待ちにしている方が多いと思いますが、開幕時くらいは綺麗な4色ラインでサビキをスタートしたいものです ・・・ 開幕1投目から、古いラインで色が見えず、何色目の当たりか判らないでは、少しばかり寂しいですネ(笑)!

近年、撚り方の工夫などで、PEラインの値段も下がっては来ましたが、まだまだ多少色落ちした程度で、新品に交換するほど気楽な値段ではありません ・・・ 昔のナイロン1.5号2,000m(200mX10組)ボビン巻きでは、私でも3日も使ったら交換してましたけどネ(笑)!

そこで、色落ちしたPEラインを、何とか手軽に着色して延命できないものかと考え、愛用してきた方法が有るので、ご参考までにご紹介します。

この方法で着色したPEライン(0.6~1.5号)を使った私の5年の釣りでは、着色によるトラブルは起きていないので、トーナメントなどで、タングステン・オモリや超極細ラインを駆使して、1mでも先に投げ、1尾でも多く釣りたいと考える方は別として、一般の投げ釣りなら使用に耐えうるのではと考えています。

◆◆ 使用する小道具 ◆◆

① 油性マーカー・ハイマッキー

広く市販されている油性マーカーで、アルコール系の透明度の高いインクが使われているハイマッキーを活用しています。

写真は8色セットですが、1本単位のバラ売りも有るので、ラインと同じ黄色、緑、ピンク、青の4色で大丈夫です。

 

 

先ず、カッターを使って、4色のハイマッキーの先端フェルト部の中央に、ラインを挟めるように縦の割目を入れておきます。

 

 

 

② 空スプール8個の連結スプール:

直径が8~10cm、幅が1~1.5cmほどの空スプール8個を接着して連結スプールを作ります。

1つのスプールに、PEライン1色・25mしか巻きませんので、直径が小さなスプールでも大丈夫です ・・・ ただ、巻取りに多少時間が掛かりますけどネ(笑)。

スプールの片面にキリで穴をあけ、画ビョウを接着しておきます ・・・ 空スプールを回転させるハンドルになります。

尚、長尺巻きの大型ボビン・スプールも使えるのですが、うっかりして、乾燥前の着色したライン同士が重なってしまうと、色が混ざったり、色移りする心配があるので、各色毎に仕切が可能な<空スプール8個> を接着した方が安心・確実です。

尚、軸軽が違う時は、軸に段ボール紙などを丸めて被せて調節します。

 

又、廃物利用ではありませんが、弊社で販売中の、スーパー仕掛巻・大型(SS-L)8個を連結しても、丁度良いサイズとして使えます(左写真)。

スプール8個の連結は、3ケ所以上にヒモを通し、結んで固定する簡単な方法ですが、詳細は 別途ご紹介 をさせていただきます。

 

③ 連結スプール用の回転台座:

連結スプールを回転させる軸を備えた台座が必要です。

リール用の糸巻器などをお持ちの方は、その台座が使えます。

 

 

 

 

こんな感じでセットします。

連結スプールは、画ビョウのハンドルを使ってユックリ回転させます(糸巻器のハンドルは使いません)。

 

 

 

 

リール用の糸巻器をお持ちでない方は、CDやDVDのスピンドル・ケースの軸&台座部が使えます。

しっかりした軸が有ればよいので、これ以外でも色々と応用できると思います。

 

 

 

こんな感じで、大型の目玉クリップなどで机の引出しなどに止めて使いますが、頻繁に使う場合は、大き目の箱などにビス止めしておきます。

 

 

 

 

◆◆ ラインの着色手順 ◆◆

今回は <黄色→緑色→ピンク色→青色> の順に着色します。

先ず、色落ちした黄色ラインの先端を最初のスプールに結び、色落ちした黄色ラインを黄色のハイマッキーのフェルト部の割目に押し込み、フェルト部を半周~1週するように巻付けた状態にします・・・丁度、ラインが<の>の字を書くように巻付けます。

 

 

 

連結スプールの画ビョウのハンドルをゆっくり回し、フェルト部に巻付いたラインが綺麗に着色されるのを確認しながら、連結スプールの最初のスプールに巻き取ってゆきます。

この時、色落ちした黄色ラインの未着色部を良く見ながら巻取り、次の色落ちした緑色ラインに黄色を着色しないように注意してください ・・・ 緑色の上に黄色を着色しても修正できますが、この後の  <ピンク色の上に緑色> や <黄色の上に青色> を着色してしまうと、元に戻せなくなります ・・・ 色落ラインでは、色の変わり目を見逃し易いのでご注意を(笑)!

 

黄色ラインの着色が終わりに近づいたら、色の変わり目に、次の緑色のハイマッキーをセットします。

 

 

 

 

 

今度は、2番目の連結スプールに巻取りながら、緑色を着色します。

 

 

 

 

 

無事、黄色、緑色の着色が終わりました(笑)!

 

 

 

 

 

更に、ピンク色、青色と着色を続け、4色分(100m)が完成します。

 

 

 

 

 

同じことを繰り返して、8色分をすべて着色します。

ハイマッキーのアルコール系インクは、PEラインの撚糸の隙間に浸み込むので、簡単には色落ちしません。

 

 

 

これでハイマッキー4色による、8色分の着色が完成しました。

速乾性のインクですが、念のため、着色後30分程放置して、完全に乾燥させてからリールに巻き取ってください。

連結スプールからリールに巻き取る時、摩擦熱が出ないように濡れタオルなどでPEラインを軽く押さえながらラインを巻き取ると、ライン表面の余分な着色剤も除去されます。

尚、近年のPEラインは、25m単位の中間に、12.5m単位が判るように白色マークを残しています。

私は、ナイロン・ライン時代から、リール・ハンドルの巻数で中間距離を把握するため、12.5m単位の白色マークは使っておらず、25mの着色時には12.5mの白色マークも塗り潰していますが、この白マークを活用される方は、面倒でも12.5m毎の白色部には着色しないよう、ハイマッキーをこまめに着脱して作業してください。

以上、慣れると簡単ですよ(笑)!

追記 :

◆尚、上記の着色方法によるPEラインのトラブルにつきましては、弊社は一切の責任を負いませんので、着色をされる方の責任でご使用いただけますよう、お願い申し上げます。

◆PEテーパー力糸も着色できます

実は、左写真のPEテーパー力糸も、全て<黒のハイマッキー>で着色してあります・・・着色方法は同じです。

私のPEテーパー力糸は、<糸抜きで自作> してますので、10M毎に様々な色が出来てしまい、釣り場で結び直す時、黄色ラインに黄色テーパー力糸等の判りにくい組合せも起きてしまいます。

従い、どのライン色にも対応すべく、PEテーパー力糸は、全て黒く着色していますが、判りやすいですよ!・・・勿論、紫や茶など、お好きな色に統一するのも有りですけど(笑)。

◆ついでに、4色ラインの色順を表示する方法も追記いたします。

4色の順番なので、記憶しておけば良い話なのですが、替スプールの中には、ラインの前後を入れ替えたり、1~2色足りないラインを使っていたりするので、全てを記憶しておくのは無理で、各スプールの横にライン・メモを貼っておく方が確実です。

一般的には、4色に印刷・着色したラベルが多用されますが、私は、左のように、4色(ブルー、レッド、グリーン、イエロー)のアルファベット頭文字(BRGY)のラベルを使っています。

アルファベット文字にする理由は、ラベルを着色するより簡単で、効果も変わらないからです(笑)。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて・・・いくら準備万端でも、海が悪く、魚が居ないと全く釣れないんですよね(笑)!

このブログを振り返る限り、3月の爆釣・ミニ爆はゼロ、4月のミニ爆 5月の爆釣 5月のプチ爆 もわずか3回しかないんです ・・・ しかも全てが2015年までなんです ・・・ さて、今年は桜の満開こそ1週間早くなりましたが、爆釣開始は何時になるんでしょうかね ??!

 

 

Posted in 爆釣祈願(投げキス編), 詳細/スーパー仕掛巻 | 投げ釣りPEラインのお手軽・着色方法 はコメントを受け付けていません。
3月 18

ファジーなヒマツブシ : 釣り糸とギター弦

今年も桜の開花が始まりましたが、私のホームグラウンド・房総半島の砂浜で、投げキスが釣れ始めるのはもう少し先のようです。

以前の房総半島では、桜の満開あたりから、日並次第ですが砂浜にキスがポツポツと回遊し始めたのですが、近年、温暖化にもかかわらず、冬は寒波が強くなってしまうようです ・・・ 極寒、酷暑、大雨、大雪など、極端な気象になってきてるんでしょうね。

砂浜からの投げキスは、寒波が収束し、気圧が安定し、風が弱くなり、沿岸の海水温が上がり、海水も澄んでくるまで待たねばならないので、時間差が出てしまいます。

もっとも、越冬ギスの延長と割り切って、水深のある堤防や磯場を狙えば、それなりには釣れるのですが ・・・ やっぱり砂浜の爽快な投げ釣りとは違うので、なかなか堤防には行く気になれないんです ・・・ 堤防ファンの皆様、ゴメンなさい(笑)!

こんな釣りの閑散期は、インドアの趣味を楽しむのが無難で、私は 下手なギターでヒマツブシ ですが、釣り糸がギター弦として使え、ウクレレやベースの弦としてもかなり活用されているようなので、ご参考までにご紹介します。

左が私の一張羅の愛用ギターです ・・・釣竿で言えば、一応、カーボン含有率が80~90%位の初心者~中級者向けといった感じですが、プロから見たら超安物でしょうね(笑)!

このギターはフラメンコ用で、クラシック用とほほ同形なのですが、音の立ち上がりを良くするために、ボディが薄く、弦を張るネックも細く、ギター全体が軽く作られています。

 

このボディに6本の弦(1~6弦)を張るのですが、高音側1~3弦(写真の上側3本)は、透明なナイロン、又はフロロカーボンの単線弦で、低音側4~6弦 (写真の下側3本)は、細い繊維を束ねた複線の外周に、銀メッキした細い銅線を密に巻付けた構造になっています。

 

 

ギター弦は1m巻で販売されていますが、短い割にそこそこの値段なので、ギター好きの釣り人(あるいは、釣り好きのギタリスト)なら誰でも、少なくとも、1~3弦の単線弦は、割安な釣り糸で代用できるのではと考えてしまうのです(笑)。

実は、この代用は既に多くのギターファンが実証済みで、ネット上には、色々な代用釣り糸が紹介されていますが、私も、色々試した結果、下記の釣り糸を愛用中なんです。

ギター1弦の代用 : フロロカーボン12~14号(又は、ナイロン14~16号)
ギター2弦の代用 : フロロカーボン14~16号
ギター3弦の代用 : フロロカーボン24~26号
※ : 細糸側はライト・テンション志向

釣り糸のメーカーやブランドは、ギターファンのネット紹介をご覧いただきたいのですが、使える糸は、いずれも澄んだ音が出せる硬質ラインで、糸伸びの大きな軟質ライン(ショック・リーダー含む)では 寝ぼけた音しか出てくれません。

調べてみると、世界のギター用の有名弦の多くを、日本の釣り糸メーカーが製造しているとのことです ・・・ 弦の材質は勿論、直径の均一性が重要とのことで、さすが、高品質の日本製です!

上記で、1~3弦は釣り糸で代用できるのですが、現在、4~6弦の金属巻弦を割安なラインで代用できないものか思案中なんです ・・・ まあ、難しそうですが、首尾良く見つけたらご紹介します。

と言うのも、ギター弦で、一番ダメージを受けやすく、交換頻度の高いのが、この金属巻弦なんです。

特に4弦は、極細の金属巻線が、ギターの金属フレットに当たって短期間に摩耗し、使い始めて1週間もしないのに、巻線が切れてしまうんです。

軸の繊維部には問題が無く、外周の巻線が切れるだけなのですが、音が悪くなるだけでなく、巻線の切れ端が、フレットを抑える指に刺さったり、指を切ったりするので、巻線が切れた部分以外はまだ使えるのに、新しい弦に交換せざるを得なくなるんです(涙)!!

そこで、最初に考えたのが、外周の金属巻線の摩耗が目立ってきたら、巻線が切れる前に、弦の両端を5~10mmほど移動して張り直し、金属フレットには摩耗していない巻線部が当たるようにして使う方法なのですが、移動後、しばらくは大丈夫だと思って弾いていると、突然、摩耗部がプツンと切れてしまうことが有るんです(笑)!!

で・・・更に考えたのが、釣りに使う瞬間接着剤で、切れた巻線部を固めて補修する <セコイ方法> なんですが、これが予想以上に使えるんです(笑)!

巻線部が切れたり、大きく摩耗したら、先ず、上記の方法で、弦を5~10mm移動し、弦を適正に張り直した後、切れた(摩耗した)巻線部に瞬間接着剤を塗って、巻線部をしっかり固定・補修してしまうんです。

これにより、摩耗部が切れたり、切れた巻線の先端が飛び出して指に刺さったり、指を切ったりする心配がなくなります。

勿論、接着剤により弦の響きが悪くなる可能性が大なのですが、私のような素人ギターには、音色の違いなど判らないので大丈夫なんです(笑)。

尚、切れた巻線部に瞬間接着剤を使う時、瞬間接着剤が飛散したり(※)、垂れたりして、大切なギターに付着しないよう十二分に注意する必要があります ・・・ 私は、写真のように、ギターを横に寝かせて、大き目の厚紙(2枚重ね)を弦の下側にセットし、慎重に瞬間接着剤を塗り、完全に乾かしてから厚紙を外すようにしています。

この方法を思いついてから、弦の使用寿命(???)を大幅に伸ばすことに成功しました (笑)!

ご参考までに、プロは、コンサートで、毎日弦を交換するそうですが、日本の有名楽器メーカーのHPは、初心者でも1ケ月に1回の交換を勧めており、平均的なギターファンは、1週間に1回位の交換が標準のようです ・・・ まあ、リール糸の交換頻度みたいなもんで、ラインが古くなって、大物が掛かったら切れそうでも、使ってる本人が気にしなければ、それでイイんですけどね(笑)!

注意 :

※ 上記の方法によるトラブルやギターのダメージなどにつきましては、ご自身の責任で対処していただけますようお願い申し上げます。

※ 瞬間接着剤は、先端のピンを抜いて使いますが、ピンを抜く瞬間に液体が飛散することが多々ありますので、ギターの近くでは操作しないようにご注意ください  ・・・ ギターに付着すると取れなくなります。  因みに、私は釣具の補強や、ギター爪の強化に瞬間接着剤を多用しますが、いつも操作する机の面上は瞬間接着剤の飛沫痕だらけで、ギターの近くでは、慎重の上に慎重を重ねて操作しています(笑)。

 

 

 

 

 

Posted in ファジーなヒマツブシ | ファジーなヒマツブシ : 釣り糸とギター弦 はコメントを受け付けていません。