スペイン・伝説のフラメンコ・ギタリスト

N私も大ファンだったスペインのフラメンコ・ギタリスト<ニーニョ・ミゲル>が、5月23日、生まれ故郷ウエルバで、61歳で亡くなりました。

奇才と呼ばれ、フラメンコ・ギターに新風を吹き込んだ不出世のギタリストです。

1歳でギターを弾き始め、23歳で大手フィリップスから鮮烈なレコード・デビュー。

 

N.Miguel 2011

しかし、2年連続2枚のレコードを出しただけで、表舞台から消え、波乱の人生を送ったギタリストです。

2011年11月29日、セビリアの復帰コンサート(左はそのコンサートのDVDジャケット)ではとても元気そうだったのに !

合掌

 

 

 

 

 

 

下は、若きミゲル絶頂期の<代表作3曲の演奏>と、その後の波乱の物語です。

● Vals Flamenco (ワルツ・フラメンコ)& Buleria (ブレリア)
<ワルツ・フラメンコ>は、ミゲルが初めてワルツのリズムをフラメンコと融合させた傑作です。 又、ミゲルの情熱的なブレリアは、これぞフラメンコと言える素晴らしさです。

●Brisas de Huelva  (ウエルバのそよ風)
生まれ故郷ウエルバをフラメンコのファンダンゴ(民族舞曲)で綴ったミゲルの代表作です。

●その後の波乱の物語です。

img_0

http://blogs.yahoo.co.jp/maximthecat/18371776.html

 

 

This entry was posted in ファジーなヒマツブシ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.