釣りの疲れはテニスボール体操で

8月3日外房・22&21cm8月3日、房総半島の外房に投げ釣りに行ってみました.

5月に行った時は、まだ水温が低くて釣れず、そのリベンジのつもりでしたが、今回も期待の爆釣にはほど遠い結果に終わってしまいました(釣果:22cmを頭に14尾+イシモチ)。

 

今年は、静かな海況が長続きしないことから、海中にはいつもニゴリが残り、底荒れが続いているような状態で、今回も、切れた海藻が頻繁に針掛りする状態でした。

今回の釣り場は、150m近い遠投が必要な場所もあったので、<スーパーウイング2>は、翼をカットした状態で、片側半遊動テンビンとして使用しましたが、高感度の仕掛も魚が居なくては・・・ですね(笑)。

海水浴シーズンが終わり静かな海に戻ったら、100尾を目指して、再挑戦をと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、1日の浜歩きと、往復300kmの運転をすると、どうしても腰が重くなってしまいます ・・・ 釣ろうとして無駄に動き回るので、釣れなかった時ほど、疲れが大きいですね(笑)。

今回は、釣りから帰った日の就寝前、先にご紹介の<手軽な腰痛体操・マッケンジー体操>を行い、更に、翌朝の起床前、<テニスボール体操>を加えた結果、1日で快適な腰に復帰しました。

この<テニスボール体操>も、<はなまるマーケット>などのテレビ番組でかなり紹介されましたので、既にご存知の方も多いと思いますが、手軽に出来る腰痛改善・防止法ですので、ご紹介いたします。

以下は、<テニスボール体操>を紹介中の動画・ウエブサイトです。

◆テニスボール・仙腸関節矯正法

仙腸関節ストレッチ

s-IMGP0552●写真のように、テニスボール2個をガムテープで巻いて固定します。

 

 

 

 

231de09b-s

●仰向けに寝て、尾骨(尾底骨)の先端からこぶし1個分上にある(仙腸関節)という部分にテニスボールを当てます。

●1分~3分この姿勢をキープします。

 

 

 

 

注意点:

●硬い床の上で行う ・・・ ベッドの中で行うときは、週刊誌などの雑誌の上にテニスボールを置いて、ボールがマットレスに沈み込まないようにする。
●正しい場所に当てる(仙腸関節)
●1日3回まで、1回あたり3分間まで

尚、テニスボールは、高価なものではありませんので、スポーツ店で有名ブランド品を購入する事をおすすめします。 100円ショップで販売される2個100円の中国製の粗悪品は、接着剤の悪臭の強いものが多く、室内で使用するとシックハウスのように健康を害する可能性が有りますのでご注意ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、平常時は、少しでも腰に不安を感じたら、就寝前の<マッケンジー体操>で回復していますが、釣りや運転などで腰を酷使した時は、就寝前の<マッケンジー体操>に加えて、翌朝、起床前に<テニスボール体操>を行って、腰の状態を最善に保つようにしています ・・・ そのため、いつも枕元に<テニスボール>を置いています。

いずれも短時間の体操で、誰でも無理なくできますので、腰痛でお悩みの方々にご紹介をしているものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、今夏は異常な暑さですね。
皆様も、熱中症にはくれぐれもご注意ください。

 

This entry was posted in ファジーな爆釣祈願, 腰痛体操, 詳細/スーパーウイング. Bookmark the permalink.

Comments are closed.