あなたは、まだこの<針結び器>の素晴らしさを知らない!?

その1.<スピード針むすび>編

SH-1SH-2

SH-3R

<スピード針むすび>は、2001年6月に<細糸用>、2002年3月に<標準用>、2003年8月に<太糸用>を順次発売し、今日まで数多くの釣り人にご愛用をいただいています。

ご愛用者の中には、あまりに多くの針を結んでプラスチック部が摩耗し、同じモデルに買い替えていただいている長年のファンも大勢いらっしゃいます。

又、<スピード針むすび・太糸用>は、マグロなどの超大物用オリジナル仕掛を製造販売する釣具店さんで、販売仕掛の製造に業務用として使っていただいているケースもあります。

このように、<スピード針むすび>は、針結びの初心者だけでなく、ベテランからも強いご支持をいただいていますが、その理由はただ1つ、<スピード針むすび>が、ベテランの手結びと同じ速さと正確さで、針を結ぶことができるためです。

針結びのベテランなら、針1本を結ぶのに10秒も掛かりませんので、釣り場は勿論、自宅でも数本を結ぶのに<針結び器>は必要ありません。

でも、針結びのベテランが、<便利な道具が有ったらいいな・・・>と思うときがあります ・・・ それは、自宅の準備で、一度に50本、100本の針結びをするときです。

例えば、ヘラ鮒、ハエ、タナゴ、投げキス、キンメ、アコウ釣りなどでは、自宅で一度に100本以上の針結びも珍しくありませんが、この本数になると単純作業の繰り返しは、楽しさを通り越して苦痛になってしまいます。

現在、日本には、数種の<針結び器>が有りますが、これらはいずれも、<説明書通りに1歩ずつ進めれば、確実に1本の針が結べる> ことを目標に、針結びを知らない初心者向けに開発されたものと思われます。

そのため、針や糸を<針止め>や<糸止め>に1つ1つカッチリと止め、その後、モーターやハンドルを使って、糸を機械的にグルグル針軸に巻付け、仕上げ工程を終えてから、針や糸を<糸止め><針止め>から外して1本の針結びが完成しますが、針と糸を止めたり外したりする手間が多いため、手で結ぶ何倍もの時間が掛かってしまいます。

 

IMGP1727S一方、<スピード針むすび>は、最初から<ベテランの手結びよりも早いスピードで結ぶ>ことを大目標として開発しました。

ベテランの手の動きを研究して、無駄の無い流れるような動作の中で、手で結ぶのと同じスピード、正確さで針が結べることを目指したものです。

 

IMGP1733S結果、写真のように、わずか4つの部品だけで、ベテランの手結びを再現できる、シンプルな構造を開発(PAT.)したものです。

一見、<こんな単純なもので、本当に針が結べるのだろうか?>と思われるかも知れません ・・・ 針は、指で挟むのと同じように、本体の上下部に挟むだけで、糸止めすら有りません・・・ 指にも糸止めはついていませんよね(笑)。

初めて、実演をご覧いただいた皆様は、まるで手品でも見ているように、あまりの簡単さと速さにビックリされます。

<細糸用><標準用><太糸用>は、最初に<細糸用>を発売してから、お客様のご要望に応じて、より太い糸で、より便利に使えるモデルを開発・追加した結果、3種類になりましたので、いずれも一味違う仕上がりになっています。

尚、<スピード針むすび・3機種>は、いずれも黒っぽいボディ色にして、透明なナイロン糸が良く見え、目が疲れないように配慮してあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SH-1◆ <スピード針むすび・細糸用>は ナイロン0.175号の細さまで、ハリスにヨレやチヂレのない針結びが可能です ・・・ 0.1号では、どんなに注意して結んでも、多少のヨレが出てしまいます。

これだけの細糸になると、爪で軽くハリスをこするだけで、発生した熱でハリスがチリチリにヨレて、使いものにならなくなります。

<ナイロン0.1号糸から結べます>と説明している<針結び器>も有ります ・・・ 確かに糸がチリチリにヨレても、結べてはいますが、使えないハリスでは意味が有りません。

 

<細糸用>が、関東でタナゴ針用の針結び器として、多くのタナゴ・ファンからご愛用をいただいているのは、0.175号でもヨレが出ないからなのです。

SH-2

◆ <スピード針むすび・標準用>は、ナイロン0.8号から8号をカバーし、<外掛け結び><外掛け枕結び><孫針結び><連続結び>など広範囲に活用できます。

一番スピードを上げやすいモデルで、投げキスの多点針仕掛けのように、100本単位の針結びでも、<10秒に1本> の速度は、一度使うと、手放せなくなります。

又、1本結ぶ毎に、ハリスをカットするので、ハリスをカットしておいてから結ぶ方法に比べて、ハリスの無駄を大幅に減らすことができます ・・・ ハリスって、細いほど値段が高いんですよね(笑)!

 

SH-3R

◆ <スピード針むすび・太糸用>は、針軸の直径が3mmで、ナイロン30号まで(ソフトな糸なら40号まで)使えます。

このような太い糸が使えるのは本器だけで、更に<外掛け結び>と<本結び>の2種類の結び方ができます。

キンメやアコウ釣りのように、深海用10本針仕掛けでは、投入毎に新しい仕掛が必要で、10組以上の仕掛けを準備しますが、太いナイロンで100本の針を手で結ぶと、手がナイロンで擦れて真っ赤に腫れてしまいます。

 

このため、出来合いの仕掛けを買って済ませてしまう方も多いようですが、<スピード針むすび・太糸用>さえ有れば、信頼できる自作仕掛が作れ、使い終わった仕掛けも、針を回収すれば何回でも使えます。

又、近年、盛んになったマグロなどの超大物釣りで、コマセ釣りやエビングの針結びに、船の上でも活躍中ですが、これは、数を結ぶのでなく、スッポ抜けのない最強の <本結び> を、手で結ぶよりも安全・確実・強固に仕上げることができるため、ご愛用をいただいているものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上のように、<スピード針むすび>3機種は、世界に類を見ない構造(PAT.)の針結び器として、多くの釣り人から長年ご愛用をいただいております。

小さな商品ですが、部品もお届けできます

今後とも、ご愛用をいただけますよう、お願い申しあげます。

詳細はホームページ 及び 動画をご覧ください。
スピード針むすび・細糸用・標準用
スピード針むすび・太糸用
◆YouTube動画(下記)/ WMP動画もご覧いただけます

 

 

 

This entry was posted in 詳細/スピード針むすび. Bookmark the permalink.

Comments are closed.