爆釣祈願! ・・・ の前に、エルニーニョ消滅祈願!

オソマツな釣果で、アップを迷いましたが(笑)、今年を象徴するような釣りでしたので、敢えてご紹介します。

年末も近くなりましたが、18日(金)、今年初めての爆釣を期待して(笑)、友人と房総半島に行ってみました。

天気は良かったのですが、北風が強い為、内房、南房は諦め、外房の風裏を捜して鴨川海岸に向かいました。

12月18日鴨川

海岸に着いてみると、濁りの強い場所と弱い場所が混在しており、難しい釣りを覚悟してのスタートになりました。

少しでも水の澄んだエリアを探して、広い砂浜を端から端まで歩きましたが(一部車移動)、どこに移動しても忘れた頃に小型がポツ・・・っと掛かるだけ。

 

 

15-5-8鴨川2

しからば・・・回転投法で目一杯の超遠投(と言っても7色未満ですけどネ)を狙ったら、変な力が入り過ぎて、PE0.6号が ”ブチ!” と高切れ ・・・ でも、今回もちゃんと<LTノット>の結節部(強度70%)で切れてくれました。

替スプールで再投入してから、直ぐにLTノッターて結び直しました・・・ 手前味噌ながら、釣り場では <LTノッター> 様サマです(笑)!

 

12月18日鴨川 (3)それでも、潮が下げに変わると、狭いエリアながら、波口の水色がかなり綺麗なポイントが出始めました。

12月下旬に波口狙いでもないのですが(笑)、<もしかして・・・?!> と試してみたら、最後の波裏で、小型ながらブルブルと小気味良い当たりが連発、ミニ入れ食いを楽しませてくれました。

 

片側半遊動テンビン鴨川海岸のように、大き目の波裏を狙うには、絡みにくい2m/3本針位の仕掛と、大波でも動きにくい重目(25~27号)の固定テンビンが理想なのですが、更に、<ステンレス・ワイヤー>を使った<片側半遊動テンビン>にすると、超遠投から波口狙いまで、当りが取り易く、掛りも良くなるので効果絶大です。

 

 

12月18日鴨川 (4)R結果、17cmを頭に小型20尾(同行の友人は10尾)の貧果でしたが、波口で釣れたことは、まだ爆釣の可能性能が残っていると期待を持たせてくれました ・・・期待だけですけどネ(笑)!

 

 

 

今年は、台風も多かったですが、エルニーニョで気圧配置も目まぐるしく変わり、前線が通過する毎、強風で沿岸が濁り、濁りが消えるのを待っていると、次の強風が吹く繰返しで、投げ釣りやエギングなど沿岸の釣りは、良い海況に恵まれませんでした。

私の <爆釣祈願!> でも、50尾以上が1回も無い、寂しい1年でした。
まだ年末までに1週間チョットありますが、この間に、爆釣を期待するのは難しいでしょうね。

最近の心境は、<爆釣祈願!>よりも、<クタバレ、エルニーニョ!> ・・・ ですね(笑)。

 

This entry was posted in ファジーな爆釣祈願 (投げキス編). Bookmark the permalink.

Comments are closed.