投げキス<番外・バンコック編>

ファジーでは、一部の釣具を海外で製造しています。

中??? ・・・ い~え、あんな品性下劣な場所には行きたいとも思いません(笑)。
もう少し南に位置する、観光大国・タイのバンコックで製造しているのです。

バンコックで製造を始めた頃、打合せや検品などで、年に数回バンコックに出張していました。

出張は仕事優先で、いつもバンコック2泊のトンボ返りだったのですが、一度だけ、カミさんを連れてゆくハメになってしまいました ・・・ あまりに頻繁にバンコックに行ったため、本当に仕事なのか疑われたんでしょうね(笑)。

カミさん連れでは、2泊のトンボ返りとはゆかず、仕事の途中、バンコックから車で3時間のホアヒン(Hua Hin)に宿泊して、のんびりすることにしました。

22586_38_zホアヒンは、タイ王室の避暑地ですが、日本人観光客も少ない、静かなリゾート地です。

私が宿泊したホテルでも、プールサイドでくつろいでいるのは欧米人だけで、日本人は1人も見かけませんでした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA5kmの白いビーチ沿いにリゾートホテルが並び、ホテルの庭先がプライベート・ビーチになっています。

早速、カミさんはビーチのド真中で昼寝です。

 

 

Sierra Exif JPEG・・・で、私はというと、日本から振出竿、投げリール、塩漬け青イソメ(勿論、スーパーウイング2も)を持参して、一応、カミさんの許可を得て、短時間だけホテル前のビーチで投げ釣りをしてみました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA日本だったらサーファーで一杯になるような広いビーチには、見渡す限り私1人だけでした。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA波の静かなポイントを狙うと、15~18cmのキスが入れ喰いでした。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA左が、そのキスの顔です。
シロギスに似ていますが、エラの周りに沢山の緑色のキス・マークを持つお洒落なキスでした。

近年、スーパーに並んでいる<テンプラ用のキスの開き>は、ほとんどがタイ産ですが、このキスが輸入されているんですね。

マレーシアとの国境に近い海岸は水深もあり、もっと大型のキスが釣れるとのことでしたが、カミさんの許可が出るはずもなく(笑)、タイでの投げ釣りは、後にも先にもこの1回だけでした。

オーストラリアには、キングジョージと呼ばれる60cm近いキスがいるそうです。
チャンスが有ったら、釣ってみたいものです。

 

 

This entry was posted in ファジーな爆釣祈願 (投げキス編), 詳細/スーパーウイング. Bookmark the permalink.

Comments are closed.