春ギス ・ 爆釣も近そう!

1月の <冬ギス・初釣り> 以来、2月、3月と、荒天、強風で海の荒れた日が多かったのですが、気温・海水温が上昇し、風も少し弱くなったので、昨日、3ケ月ぶりに房総半島に行ってみました。

例年、房総半島の春ギスは、4月に内房総の浜が釣れ出し、5月に南房総、外房総が釣れ出すのですが、昨日は、天気予報が北西風で、内房総は風表で釣りにくいことから、風裏になる外房総に行ってみました。

早朝、目的の海岸に到着すると、サーファーが波間に浮かんでいる見慣れた光景に加え、何と、海岸にも釣り人がチラホラいるではありませんか。

早速、浜に出て、近くの釣り人に近況を聞いた所、先週末、小爆釣(?)があったようで釣り人が多いとのこと。

IMGP0002RSこれはラッキー!!・・・早くも春ギスの爆釣に遭遇かとワクワクしながらも、遠投も覚悟して、冬ギス用の30号竿で、遠近投げ分けてみましたが・・・ 残念ながら爆釣を楽しめるような大群はいませんでした(笑)。

結果は、3本針に3連もありましたが、ソコソコの拾い釣りで、16cmを頭に 33尾 560g のプチ爆釣(?)に終わってしまいました。

途中、3色強までさびいてきたら、目の醒めるような強烈な当たりが有り、良型キス独特の頭を振る引きを楽しみながら波打際まで巻き上げたものの、不覚にも、最後に大波の巻き込みでバラした1尾が有りました。

20cm以上と思われますが、良型も近距離を回遊し始めているようです・・・ 小型が多かったので、針を6号から5号に落とした直後のバラしでした・・・ 春は良型も来るので、波の大きな浜では針の選択が難しいですね(笑)。

IMGP0015RS今回も、仕掛は<スーパーウイング2(遠投時はウイングをカット)>と<ワイヤー>を使った、<片側半遊動テンビン>が活躍しました。

魚は小さ目でしたが、1尾1尾の当たりを取って釣ったので、それなりには楽しめました。

 

上の魚が、<昨年の小爆釣> のように、18cmクラスになる日も近そうですね。

IMGP0023RS持ち帰った魚は、3枚におろして、<天ぷら>と<糸造りの刺身>にしました。

爆釣にはほど遠かったものの、久しぶりのキスの天ブラに、家族が大喜びをしてくれたのが救いでした。

 

 

良い季節になってきましたが、今年は、穏やかな海が多くなることを祈りたいものです。

 

This entry was posted in ファジーな爆釣祈願 (投げキス編), 詳細/スーパーウイング. Bookmark the permalink.

Comments are closed.