天声人語 ・ 温暖化で砂浜の85%が消失?!

天声人語S3月25日の朝日新聞・天声人語に地球温暖化が書かれています。

 

 

英国の研究チームの試算では、恐竜のゲップやオナラに含まれていたメタンの年間総量は、現代の生産活動で吐き出される量に匹敵するそうです。

メタンは2酸化炭素の20倍以上の温室効果が有り、1億年前の地球は今の平均気温より6~14度も高かったそうです。

温室効果ガスがこのまま増えると、日本の平均気温は今世紀末に最大6.4度上昇し、降雨量は増え、海面は上昇し、砂浜の85%が消失し、熱中症など暑さによる死亡リスクは13倍にも増えるそうです。

国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の総会が25日から横浜で始まり、温暖化の実態、影響予測、対応策を話し合うそうです。
IPCC :  Intergovernmental Panel on Climate Change

同コラムは、地球はがまん強いぶん、懐の深さに甘えていると手遅れになりかねない・・・と心配して結んでいます。

・・・・・

天声人語は、朝日新聞デジタル版 でも閲覧できます。
無料会員に登録すると、朝日新聞デジタル版の記事を、1日3本まで閲覧できますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

温室効果ガス削減をうたった原発が安全性を問われ、世界各国が環境対策に苦悩するなか、自国の利益をむさぼるだけで、他国の迷惑などどこ吹く風、温室効果ガス、PM2.5にとどまらず、人類の健康と地球の環境を脅かす有害有毒物質を、大気中、水中、地中、食品中に、臆面も無く垂れ流す<品性に欠けるごう慢な国>があるのは問題ですね。

下は、新唐人電視台(米国ニューヨークに本部を置く中国語専門テレビ局)が報道する、ソノ国の現状です。

(注記 : 本日現在、1元=16.6円です)

こんな国がのさばる中で、人類は手遅れにならないうちに、解決方法を見出すことができるのでしょうか?

海面上昇で、砂浜の85%が消失したら、潮干狩りや砂浜の投げ釣りは消滅してしまいます・・・自然や釣りを楽しめる美しい砂浜を、後世まで残したいものですね。

オマケです(笑)。

 

This entry was posted in 品性下劣デスネ!, 自然・環境. Bookmark the permalink.

Comments are closed.