投げキス<PEテーパー力糸の自作方法>

圧倒的な飛距離が出て、当たりも敏感なことから、投げ釣りでも主流となったPEラインには、力糸にもPEテーパー力糸を使いたいものですが(※)、1回の根掛かりで簡単にプッツンしてしまうPEテーパー力糸が、1本1,500円(定価)もするのにはビックリしますね・・・更に、この高価なPEテーパー力糸の先に、何と、1個3,000円(定価)もするタングステン製のテンビンを付けて海に放り込む人がいますけど ・・・シロギスの投げ釣りって、こんなにお金の掛かる釣りだったかな?(笑)

・・・・・
※: 夜釣り、根回りを狙う大ギス、カレイ釣り、投げの大物釣りでは、全遊動テンビン仕掛けで、力糸の根ズレも多いことから、道糸はPEラインでも、力糸には従来のナイロン・テーパーラインが使われることも多いようです。
・・・・・

ビックリついでに誰もが考えるのは、PE力糸を安価に自作できないかということですよね。

ご安心を!・・・2通りの解決方法があります・・・1つは、太いPEラインをノ-テーパーのまま細いPEラインに直結して使う方法で、もう1つが、PEテーパーラインを自作する方法です。

PEノーテーパー力糸>の活用方法は、先の<私の投げキス・釣具編>をご覧いただくとして、ここでは、PEテーパー力糸の自作方法をご紹介します。
この方法は、以前、湘南の投げ名人から教わったもので、簡単で失敗の少ない自作方法ですのでご活用ください。

●10m毎に色分けされた100m巻・船釣り用PEラインを準備します。
チョイ投げ派ならPE5号、遠投派ならPE6号がおすすめです。
いずれも太いPEラインなので特価品で大丈夫ですが、必ず、8本撚りのラインを使ってください(4本撚りのラインは、太さ調節が難しいので不向きです)。

IMGP2393RS

 

 

 

●投げ竿の長さが4mなら、力糸の長さは10mあれば問題がなく、100m巻ボビンから10本のテーパー力糸が作れます。

●1色10mの内、7mはそのままの太さで、残り3mに1m毎に3段階のテーパー(正確に言うと段差です)を付けて細くします ・・・ 1m毎に付いているマーキングを活用すると楽です。

●先ず、先端から3mの位置に、最初の<ホツレ防止の結び目>を作ります・・・この<結び目>がキモです。 <結び目>は普通の<1回結び>が最適です。 もともと太くて丈夫な糸なので、強度が強い<8の字結び>などは<結び目>が大きくなって逆効果です。

IMGP2395RS

 

 

 

 

IMGP2399RS

 

 

 

●次に、ラインの先端を、ツマヨウジなどでほぐして、8本の撚糸が判るようにします。

IMGP2402RS

 

 

 

●8本中、1本の撚糸を引っ張り、残り7本の撚糸を束ねて、3m先に作った最初の<結び目>まで、ジャバラのように押し上げて行きます ・・・ 最初の1本目を押し上げるのが1番大変ですが、“シャクトリ虫” が進むように、上半分を伸ばしたら下半分を縮めることを繰り返してください・・・2本目以降はグンと楽になります。
押し上げが終わったら、引っ張っていた1本の撚糸をカットします。

IMGP2404RS

 

 

 

IMGP2406RS

 

 

 

IMGP2408RS

 

 

 

●1本の撚糸をカットしたら、ジャバラ部を指で何回もしごいて、元の長さに戻します。

●再び、糸の先端を、ツマヨウジでほぐして、7本の撚糸が判るようにして、7本の内、1本の撚糸を引っ張り、残り6本の撚糸を束ねて、3m先の<結び目>まで、ジャバラのように押し上げます。
押し上げが終わったら、引っ張っていた1本の撚糸をカットします。
2本目をカットしたら、ジャバラ部を指でしごいて、再び元の長さに戻します。

●これで、最初の<結び目>から3mは、最初の撚糸8本から、撚糸6本に減りました。

IMGP2410RS

 

 

 

●次は、撚糸6本上で、最初の<結び目>から1mの位置に、2番目の<ホツレ防止の結び目>を作ります。 これも<1回結び>です。

IMGP2411RS

 

 

 

●これで、最初の<結び目>と2番目の<結び目>の1mは、撚糸6本で<固定>されました。

●再び、糸の先端をツマヨウジでほぐして、6本の撚糸が判るようにします。

●6本の内、1本の撚糸を引っ張り、残り5本の撚糸を束ねて、2m先に作った2番目の<結び目>まで、ジャバラのように押し上げます。
押し上げが終わったら、この1本の撚糸をカットします。
カットしたら、ジャバラ部を指でしごいて、元の長さに戻します。

●上記と同じ操作を繰り返し、2m部分は撚糸2本をカットして、撚糸4本にします。

●次に、撚糸4本上で、2番目の<結び目>から1mの位置に、3番目の<結び目>を作ります。
これで、2番目の<結び目>と3番目の<結び目>の1mは、撚糸4本で<固定>されました。

●再び、糸の先端をツマヨウジでほぐして、4本の撚糸が判るようにします。

●上記と同じ操作をして、最後の1m部分から撚糸1本をカットして、撚糸3本にします。

●これで、テーパーの3m部分は、撚糸6本、撚糸4本、撚糸3本と、1m毎の<結び目>で段差がつき、最後の1mが、PE5号ならPE1.88号、PE6号なら2.25号に落ちて、PE0.6~1.5号ライン用のテーパー力糸として使えるようになります。

最初の7m : 撚糸8本: 5号    / 6号
次の1m  : 撚糸6本: 3.75号 / 4.5号
次の1m  : 撚糸4本: 2.50号 / 3.0号
最後の1m :  撚糸3本: 1.88号 / 2.25号

●仕上げとして、テーパーが無い側の先端に、強度の強い<8の字結び>で直径が2~3cmの輪を作っておきます。

IMGP2423RS

 

 

 

●自作したPEテーパーラインは、この輪の方からスプールに巻くと、最後が3mテーパーの先端になります。
2本目の自作PEテーパーラインが完成したら、1本目を巻いたスプールから出ているテーパーの先端を2本目の輪に<軽く1回結び>して、2本目をスプールに巻きます。

IMGP2419RS

 

 

 

●上記を繰り返して、スプールに5~6本を連続して巻いておきます。

IMGP2429RS

 

 

 

 

●自作のPEテーパーラインを使う時は、テーパー先端とライン先端を、片側4~5回の<電車結び>で結びます。

キスの投げ釣りでは、魚の引きで結束部の強度が問題になることは無く、又、細いPEラインでは、ラインの途中にわずかの傷が有っても、根掛かりして強く引張ると、高切れしますので、結束部で切れてくれる<電車結び>が安心です。

使用分のPEテーパーラインをリールに巻き取ったら、次のテーパーライン先端と輪の<1回結び>を強く引っ張ると、テーパーライン部が滑ってほどけてくれます。

●最後に、力糸の先端の輪に、<ヨリ戻し付きスナップ>を付ければ、直ぐにテンビンに連結して使えます。

IMGP2426RS

 

 

 

 

私は、上記の自作方法による<PEテーパー力糸>を10年近く愛用し、およそトラブルとは無縁で使用していますが、重いテンビンの投擲を担うラインだけに、安全性につきましては、ご自身の判断と責任で使っていただけますようお願いします。

尚、上記しましたが、投げ釣りで、フエダイやコロダイなど引きの強い魚を狙ったり、根掛かり対策で、結束部に大きな強度を持たせたい時は、<PRノット>による<PEノーテーパー力糸>の直結をご活用ください。

This entry was posted in ファジーな爆釣祈願, 詳細/かんたんリーダー結び. Bookmark the permalink.

Comments are closed.