砂浜のサーフトローリングでワカシ爆釣中!

ファジーの釣具をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

2020年6月現在、相模湾ではワカシ(ブリの子)の大群が接岸し、遠投用の投竿/投リールに20~25号の投テンビンを使い、テンビンアームにフロロカーボン・ハリス4~5号を1.5~2m付け、ハリス先端にプラスチック製ミニ弓ヅノ(4cm前後/色は白・ピンク・青など)を付けた手軽なサーフトローリングで、早朝だけで20~30尾もの爆釣が楽しめています。

キャスティング距離が近ければ、メタルジグ等を使ったルアー・キャスティングでも対応できますが、ナブラが遠い場合、遠投力が有り仕掛け絡みの少ない <L型テンビン> に <スーパーウイング(遠投用にウイングをカットしても、浮上効果は残ります)> を装着すると射程内に入ります。

ナブラやポイントの沖まで遠投し、高速でリールを巻き、スーパーウイングを水面に浮上させ、水面を滑走させて水しぶきや泡を出し、集魚効果を発揮しながらナブラ中をリトリーブ(タダ巻きでOK)すると、誰でも簡単にヒットさせることができます。

ナブラが無い時は、弓ヅノを海中に沈め、魚の遊泳層を捜しながらのリーリングが必要ですが、暗い海底まで沈めてから探る時は、蓄光性能を持つ   <光るスーパーウイング> に交換すると、海中で光りながら小魚のように動いて、集魚効果が期待できます・・・ 海中電灯やフラッシュ蓄光器で蓄光できれば最高ですが、日中なら、太陽光だけでも、そこそこの蓄光が可能です。

又、キスの投げ釣りを楽しみながら、ナブラが出たら、テンビン先端の仕掛けだけを、弓ヅノ仕掛けにチェンジして、キスと青物を交互に狙うことも可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・

既に、弊社HP、<訳あり商品>中でご説明のように、<スーパーウイング2 SW-2><光るスーパーウイング HSW>は、店頭展示用の包材が在庫切れとなったため、昨春(2019年)から、釣具問屋・釣具店向け出荷は終了していますが、今回、購入についてのお問い合せが多いため、あらためて下記・詳細説明をさせていただきます。

<スーパーウイング15個セット> は、多少残っているバラ商品を、緑・赤・蓄光白を5個ずつ合計15個を、商品名も使用説明も無い透明袋に入れ、定価の半値相当の¥780(税込)で、<訳あり商品>としてご紹介をさせていただいております。

本日現在(6月26日)、若干の在庫が有りますので、スーパーウイングをご愛用中の皆様には、是非、この機会にご入手をいただき、投げキス用 カワハギ・アイナメ等根回りの投げ釣り用 & サーフトローリング用として、長くご愛用をいただければ嬉しいものと考えております。

<3色入りのスーパーウイング15個セット> を活用して、色々な釣りをお楽しみください。

 

 

 

 

This entry was posted in ファジー閉店・訳あり商品, 爆釣祈願(投げキス編), 詳細/スーパーウイング. Bookmark the permalink.

Comments are closed.