ファジーなヒマツブシ : 2本目のギター

今年も、私の大嫌いな夏が近づいてきました ・・・ 昔は、<夏大好き青年> だったんですが、近年、<夏大嫌いジジイ> になってしまいました(笑)。

理由は:

➀ 酷暑の炎天下は、釣りやアウトドアーを楽しむには、熱中症の危険が大き過ぎます ・・・ まだ7月中旬なのに、今、本ブログを書いている2階事務所の室温が32度です! ・・・ 今夏も40度近い酷暑が心配ですが、クーラー無しでは、部屋の中でも熱中症の危険が一杯です !

いったいどこのアホが、来年、酷暑の8月に、東京でオリンピックをやろうなんて考えたんでしょうか?? ・・・ まさか、酷暑に不慣れな外国人選手がバタバタと体調を崩し、日本人選手のメダルが倍増など、セコイ期待が理由じゃないでしょうネ(笑)!?

➁ 浜・駐車場は、海水浴とサーフィンに占領されてしまいます・・・東京オリンピックにサーフィンが加わったことも有ってか、近年、サーファーが急増しているようですが、釣り人との共存マナーも知らず、波の無い海面までを我が物顔で占有する <名ばかりサーファー> が多いのにはウンザリします!

➂ 行き帰りの交通渋滞がヒド過ぎます ・・・ 特に、人口密度の高い関東は最悪です。
来年の夏は、オリンピック選手団、関係者、観客、観光客で、東京周辺は未曾有の大混雑になりそうで、考えるだけでゾゾ ~~~ですネ!

・・・・・・・

と言うことで、夏は酷暑と人混みを避け、クーラーの涼しい部屋で、ギターを楽しんでいるのですが、今夏の練習用に <2本目のギター> を買ってしまいました  ・・・私は、カミさんから <ホワイト国> 認定をもらえていないので、毎度、オカミに申請をして購入許可をもらっていますが、モメたことは一度もありません ・・・何処かの国のオッサンが、ホワイト国から外れただけで半狂乱だそうですが、いったい何なんでしょうかネ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左が今回入手したクラシック・ギターで、右が愛用中のフラメンコ・ギターです。
いずれも初級者用(初心者用よりは少しだけ高品質)で、一応、クラシック・ギターは日本製、フラメンコ・ギターはスペイン・ブランドなんです(笑)。

フラメンコ・ギターは、フラメンコ音楽の軽やかな音色とリズミカルな演奏に、又、クラシック・ギターは、クラシック音楽の澄んだ音色と重厚な演奏に使われています ・・・ 同じ釣りでも、調子の違う竿を使い分けるのと同じです。

<百聞は一見にしかず>で、音の違いにご興味のある方は、下記演奏をお聞きください。

★、スペインのフラメンコ・ギタリスト ファン・セラーノ のロマンス

★ 日本のクラシック・ギタリスト 村治佳織 のロマンス

さすがですね !! ・・・ で、私は2本のギターをどのように使うかと言いますと、

★ フラメンコ・ギターは、ボディに貼ってあるゴルぺ板(ボディを叩く時のキズ防止用透明プラスチック板)もあって、一応、フラメンコ/ラテン音楽用なのですが、

★ クラシック・ギターは、クラシック音楽でなく、古賀政男、石原裕次郎、フランク永井など <昭和のド演歌> 用なんです。

ド演歌なら、フラメンコ・ギター1本でも足りそうで、たいして釣りが上手くも無いのに、竿やリールだけは幾つも持ってる釣り人みたいですが、まあ、人様に迷惑はかけていないので、イイのではないでしょうか(笑)!

釣り好きの皆様、暑い夏は体力を消耗するので、熱中症や不測の事故には十分にご注意をいただき、安全釣行をお楽しみください。

 

 

 

 

This entry was posted in ファジーなヒマツブシ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.