爆釣祈願 – 今年も期待?! 鴨川海岸

昨日(6月5日)、今年初めて、外房・鴨川海岸に行ってみました。

鴨川海岸は、私が一番好きな海岸で、本ブログを開設してからも、春の爆釣夏の爆釣秋の落ちギス大爆釣 と、投げ釣りの楽しさを満喫させてくれる海岸なんです。

前回は、ワイフ同伴の内房・短時間釣行でしたが、今回は、ワイフのお許しを得ての単独釣行で、昼12時の干潮まで目一杯楽しむべく、早朝4時に出発しました。

途中、アクアラインの吹き流しを見ると、吹き流しが僅かに傾く程度の弱い南風で、これなら大丈夫と、勇んで鴨川海岸に向かったのですが・・・・・

朝7時過ぎに到着すると、海の色はイマイチで、波も多少有り、海岸の両側はサーファーで一杯なんです。

平日・水曜日だというのに、何で、こんなに沢山のサーファーがタムロしてるんでしょうか??

まあ、私も、平日・水曜日の釣り人なので、文句は言えませんけどネ(笑)。

 

止む無く、サーファーの居ない浜の中央寄りでスタートすることにしました。

ここは右も左も、釣り人ゼロの、貸し切り状態ですが、海の色は悪いし、波も大き目だし、何となく釣れる雰囲気がしないんですよね ・・・ まあ、ダメなら館山の堤防にでも逃げ込めがイイと、ダメ元でのスタートでした(笑)。

 

 

道具は、春先の遠投も覚悟して、竿30号、リール35mm、ラインPE0.6号、キス5号の4本針、エサはジャリメです。

勿論、テンビンは、固定テンビンに<スーパーウイング2>と<ステンレスワイヤー>を組合わせた<片側半遊動方式>です。

 

 

まだ満潮5時から時間が経っていないので、先ず近場狙いで、4色から探り始めました。

何の反応も無いまま、2色までサビいてくると、突然、ガンガンと元気な当りが連発 ・・・ 1投目から2尾の連掛けです!

 

 

2投目は3色で3尾の連掛け。

その後も、投入の度、良い当りが続き、何と、5投連続のカラ針無しでした。

 

 

 

 

左は、4本針に4連で、数字だけ見ると、爆釣の雰囲気すら漂う掛かりっぷりなのですが、なぜか、爆釣用の5本針にチェンジする気にはなれないんです。

 

 

 

 

理由は、16cm前後のキスが多く、鴨川サイズの18cmアップが出てくれないんです。

 

 

 

 

 

それでも、小さ目の連掛けを楽しんでいたら、キスの針外し中に ・・・ <ア~~~・・・やっちまった!!!> ・・・ ギター用に伸ばしている親指の爪に小さなヒビが入ってはいたのですが、そのヒビが横向きに大きく広がってしまったんです(涙、涙、涙)。

そのまま放置すると、親指の爪が大きく欠けて、爪が伸びるまで、1ケ月近くギターを弾けなくなってしまいます。

急いで、バンドエイドで爪をカバーして、釣りを続けてみましたが、親指の爪先にバンドエイドを貼って、ジャリメを小針に差すのは至難の業で、釣った魚の針外しも大変 で・・・ もう~~釣りになりません!

止む無く、仕掛けを畳んで車に戻り、車中に常備している瞬間接着剤とティッシュペーパーで、爪の修理をする羽目になりました ・・・ 写真は修理後の爪で、ティッシュペーパーをカットして爪に被せ、上から瞬間接着剤を浸みこませ、何回も上塗りをして固めるんです ・・・ 以前、自宅で同じ修理した経験は有るのですが、1時間近いロスになってしまいました(涙)!

やっと爪の修理を終え、同じ釣り場に戻りましたが、群れはどこかに移動してしまったようで、当りすらなくなってしまいました。

その後は、新しい群れを捜して、広い鴨川海岸(東条海岸、前原海岸)をあちこち放浪し、数尾を追加したところで、12時の干潮を迎え、予定の5時間が終了しました。

 

釣果は、17cmを頭に23尾/450gで、目標の30尾には足りませんでした。

時合中の爪割れ事故さえ無ければ、何とか30尾を達成できたのではと思いますが(たら、ればの話です)、鴨川にしては型が小ぶりで、本格的なシーズンイン直前といった感じです。

 

 

12時に竿を畳んで、混雑前の道路をスイスイと帰宅し、丁寧に魚を捌いて、天婦羅と、糸造りの刺身を堪能しました。

近年、なかなか良い釣果に巡り会えない中、今年の鴨川は、期待に応えてくれそうな雰囲気だけは感じられた一日でした ・・・ 近年、雰囲気だけで終わることが多いんですけどネ(笑)。

 

今年は、暑さが厳しくなりそうですが、皆さまも、安全第一で、釣りを楽しまれてください。

 

 

 

This entry was posted in 爆釣祈願(投げキス編), 詳細/スーパーウイング. Bookmark the permalink.

Comments are closed.