爆釣祈願 ‐ 春の小爆釣が始まりそうですね

ファジー閉店に係わる雑務続きで、釣りに行けない日々が続いていましたが、やたら長かった連休も明けたので、昨日(5月8日)半年ぶりに房総半島に出かけてみました。

昨日は、ワイフ同伴のノンビリ釣行で、朝5時に起床、ユックリ朝食をとり、昨春から飼い始めたセキセイインコのピーちゃんのエサを替えたりして、家を出発したのは6時近くになってしまいました。

因みに、このピーちゃん、現在、言葉を覚える特訓中なのですが、鳥カゴに吊るした 鈴の音色 “チリン・チリン”  を見事に口真似し、まだ下手ながら、自分の名前 “ピーチャン”  も発音できるようになった、我が家の可愛い人気者なんです。

途中、東京湾アクアラインの海ホタルで休憩し、弁当を買い、最初の釣り場・保田海岸に到着したのは、何と9時近くになってしまいました ・・・ 以前は、朝5~6時には釣り始めていたんですけどね(笑)。

毎年のことながら、5月は南風の強い日が多く、外房は濁りが強いので、内房の南風に強い浜を巡り、最悪、館山の堤防に逃げ込むつもりでした。

9時の保田海岸は、投げの釣人が1人居るだけで、多少、濁りが有るものの、まだ釣りが出来そうな雰囲気で、取り敢えず竿を出してみることにしました。

 

 

釣り始めて2投目、私が手洗いに行く合間、ワイフにリールを巻いてもらっていたら、何と、最初の1尾目が釣れてしまいました(笑)。

ただし、その後、南西風が強くなり、濁りも広がり始め、フグにハリを取られることが多くなったので、1時間程で場所変えにしました。

 

 

次に向かったのは、勝山海岸ですが、手前に濁りが広がっていてパス。

更に、手前湾奥の大六海岸も濁りが出始めていてパスしましたが、真珠島の風裏になる鱚ケ浦は、まだ綺麗な水色だったので、干潮前の時間帯ダメ元覚悟で試してみました・・・写真は、綺麗な浜に感激して万歳しているワイフです ・・・ 大袈裟ですね(笑)。

 

鱚ケ浦の1投目、不安を払拭する綺麗な当りが3色で出て、小型ながら3本針に2連の好スタートになりました。

スーパーウイング2>と<ワイヤー>を組合わせた<片側半遊動テンビン>は、キスが群れる狭いエリアで、オモリを最短の距離でサビく時、<固定テンビンの針掛かりの良さ> と <遊動テンビンの強烈な当たり> を同時に発揮して、キスの連掛けを実現してくれます。

 

2連の後、直ぐに3連が続き、その後も、まあまあのペースで短時間にツ抜けしましたが、12時の干潮潮止まりと同時に当たりが無くなったので、終了としました ・・・ 1人なら、潮が上げ始めて、満潮まで粘るんですけど、ワイフ同伴なので、約束通り午前中3時間で終了です(涙)!

 

 

結果は、最大16cmの13尾/250g と、何とかツ抜けは出来ました。

お粗末な釣果ですが、堤防でなく浜から近距離で釣れたので、群れが接岸し始めたようです ・・・ シーズンインしたのではないでしょうか?!

 

 

 

帰途、ワイフの希望で、館山の <道の駅 枇杷倶楽部> に立ち寄り、買物と枇杷ソフトクリームを楽しみ、混雑前の道路をスイスイと帰宅し、夕食は久しぶりのキスの天婦羅で、ビールを美味しくいただきました ・・・二人で食べるなら、これだけのキスで十分ですね! ・・・ 負け惜しみっぽく聞こえますね(笑)。

 

5月は南風の強い日が多いのですが、水温は上昇していますので、風が弱く濁りの少ない釣り場を上手に見つけられれば、<面白い釣り> が出来そうですね。

どうぞ良い釣りをお楽しみください。

 

 

 

This entry was posted in 爆釣祈願(投げキス編), 詳細/スーパーウイング. Bookmark the permalink.

Comments are closed.