シーズンが待ち遠しいですネ

logo01

今年も、横浜(1月20~22日)、大阪(2月3~4日)の両フィッシングショー(FS)が開催されました。

無題ファジーが、ポツポツとFSに出展したのは、2008年までですから、もう9年も前ですが、当時、両FSとも来場者が5万人超の盛況でした。

今年は、両FSとも昨年より来場者が増えたそうで、近年、釣り人口の減少が心配されているだけに、釣具業界にとっては喜ばしいことです。

横浜、大阪FSを皮切りに、3月まで、日本各地で釣具問屋主催の展示会が開催され、同時に、南から桜前線が北上を始め、桜が満開になると、本格的な釣りシーズンが始まるのですが、今年は、どんな釣り年になるのでしょうか?

2015年のエルニーニョ現象、2016年のラニーニャ現象と、地球規模の異変が2年連続しましたが、この影響も有ってか、特に、陸ッパリの釣りで、良い釣果が聞こえなくなってきました。

今年は、2014年以前の釣況に戻ってほしいと願っているのは、私だけではないと思います。

2014年以前と言えば、陸ッパリでは、投げ釣りのシロギス、エギング、サーフのシーバス、ヒラメ、船のキハダマグロなどが釣れ盛っていたのですが、2015年のエルニーニョから、様子が変わってしまった気がします。

今年の釣況は誰にも予想できないと思いますが、もし、ラニーニャが消えてくれれば、久しぶりに <爆釣> を楽しめそうですね!!!

スピード針むすび3機種昔から、寒い時期は、シーズン開幕に備え、釣具の手入れや仕掛作りに励むのですが、この時に生まれたのが、弊社の<スピード針むすび> なんです。

ベテラン釣り師の、手結びに負けない <1本10秒> のスピードで結べるので、沢山の針(投げ釣りなどでは、一度に100本以上の針を結ぶのも珍しくありません)を準備する、この時期の作業にピッタリです。

針結びを短時間で済ませたら、私は、釣りに行かない(と言うより、行っても釣れない・・・笑)時期は、もう1つのインドアの趣味・下手なギターを楽しんでいます ・・・ 今はルンバのリズムの練習中です ・・・下は、ギター好きには世界でも有名な動画です。

この時期、投げ釣り<爆釣祈願>も閑散期なので、長目の爪でギターを楽しめるんですが、フィッシング・シーズンに入ると、爪の長さ調節と手入れが大変なんです(笑)!

ご存知ですか? ・・・ 手の爪って、10日で1mm伸びるので(足の爪は、その1/10)、ギターを弾きだすと、最低でも2~3日毎に、ヤスリで爪の長さを微調整する必要が有るんです。

爪が長いと、針にイソメを付けたり、魚から針を外す時、爪の間にイソメ汁や砂が入ったり、爪が割れたりして大変なんです。

万一、爪が3mmも割れようものなら、完全に回復するのに1ケ月掛かります ・・・ その間、瞬間接着剤で固めながら弾くんですが、爪に関しては、釣りとギターは正反対なんです ・・・ 無理して二兎を追ってるんでしょうかネ(涙)!?

爪と言えば、先日、フィッシング・ショーで拝見した<釣りガール>さんたちは、爪の手入れはどうしてるんでしょうか? ・・・ お洒落なネイルアートの爪に、イソメ汁がしみ込んだ姿ではサマになりませんよね ・・・ お聞きしてみたいモンですネ(笑)!?

 

This entry was posted in ファジーなヒマツブシ, 詳細/スピード針むすび. Bookmark the permalink.

Comments are closed.