1月 05

つり丸 1-15号 Looking Mistake &新春超豪華プレゼント

つり丸・1-15号

発売 : 2019年1月1日

巻頭第1特集:
2019年も楽しく! 美味しく!
めでたく行こう新春の釣り!!
アマダイ・アカムツ・高級根魚リレー・コマセマダイ

巻頭第2特集:
釣り場拡大!
本格シーズン突入!
冬の肉厚ビラメを釣ろう!!
大原沖・御宿沖・日立沖

 

 

 

<Looking Mistake 間違い探し>コーナーに、<かんたんリーダー結び 2個>を提供させていただいております。

締切り:2月1日当日消印有効

詳細は、つり丸・1-15号をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

新年号には、2019新春超豪華プレゼント <6ページ・ブチ抜き> が企画され、竿、リール、ルアーなど、色々なプレゼントが載っています。

 

 

ファジーでも、<スピード・ホルダー3 3台> を提供させていただきました。

締切り:1月31日当日消印有効

詳細は、つり丸・1-15号をご覧ください。

 

 

 

天気予報によると、今年は暖冬とのことですので、<波の静かな釣り日和&大漁> が期待できるかも知れません ・・・ もっとも、<当たらぬ天気予報> が <外れれば> の話ですけどネ(笑)。

皆様の<初釣り大漁>を祈願申しあげます。

 

 

Posted in 新聞・雑誌, 詳細/かんたんリーダー結び, 詳細/スピードホルダー | つり丸 1-15号 Looking Mistake &新春超豪華プレゼント はコメントを受け付けていません。
1月 01

あけまして、おめでとうございます

旧年中は、ファジーの釣具をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

お陰様で、昨年、開業20年目を迎えさせていただきましたが、ファジーの釣具は、<釣りを楽しく、易しく> をモットーに、新しい発想で開発した商品で、全品が特許出願済み、特許取得済みでございます。

どの商品も、他に類を見ないユニークな駆動と独特の効果を発揮しますので、何時までも、皆様にお楽しみ、お喜びいただける商品と自負しております。

今年も、ご愛用のほど、よろしくお願い申しあげます。

2019年 元旦
株式会社 ファジー

追伸 :
年末年始休業    : 12月29日(土)~1月3日(木)
2019年営業開始 : 1月4日(金)

 

 

 

Posted in ご挨拶 | あけまして、おめでとうございます はコメントを受け付けていません。
12月 22

爆釣祈願 – 納竿・祈願すれども魚がおらず(笑)

昨日(21日)、今年の投げキス・納竿釣行にいってきました。

今年は、束釣り はおろか、50尾の爆釣 、30尾のミニ爆 にすら巡り会えなかったので、<終わり良ければ全て良し>で締めるべく、最低でも <20尾のプチ爆> 目標で臨んだのですが ・・・(笑)。

向かった先は、私のホームグラウンド、房総半島の鴨川海岸です。

鴨川は、落ちギス状態か、冬ギス状態か判らないので、先ず、落ちギスを前提として、9時半の干潮まで、引き潮の間は東条海岸を狙うべく、磯場に近い左側からスタートしました。

 

 

 

 

ヒラメ狙いのルアーマンが数名いるだけで、ほとんど波も無く、投げ釣りの天敵・サーファーがいない、絶好のコンディションなんです ・・・ 厳密には、写真に頭が写っていますが、波も無いのに浮いているだけの、少しだけ変なサーファーが1人いましたけどね(笑)。

 

 

 

1投目から、3色に入ると、ゴンゴンと鮮烈な当り ・・・ 3本針仕掛けに連掛けです。

距離は近いし、型もマアマア !

もし、群れが寄っていれば、爆釣モード突入のパターンなんですが ・・・ 近年では、朝イチの <モーニング・サービス> の不安も有るんですよネ(笑)。

 

2投目は、強い当りで、当日最大の19cmがヒット、目標のプチ爆20尾は時間の問題と楽観したのですが ・・・

が・・・ 時間をかけずに突入したのは、不安的中のヤッパリ、待ったり、サッパリ・モードでした(笑)。

でも、まだこの時点では、上げ潮時、切り札・前原海岸のスポット狙いで、20尾は大丈夫と考えていました。

 

前原海岸に移動する途中、両方の海岸を見渡せる堤防から見ると、海水表面は綺麗に見えるんですが、何となく水の透明感が低い気がするんです ・・・ 数日前の強風の濁りが、まだ完全には消えていない感じなんです。

でも、濁りが消えるのを待っていると、次の強風で、再び濁りが復活してしまうのが、近年のパターンなんです(笑)。

 

期待の前原海岸に移動すると、ピン、ピン兄が、ポツポツ掛かるものの、群れが入っている雰囲気が無いんです ・・・ テトラ回りの必殺ピン・ポイント狙いも空振りです(笑)。

オモリの最小限の移動で、強い波の中でも、明確な当りと、連掛け性能を発揮する <片側半遊動テンビン> も、魚がいないことには、効果を発揮できません。

 

期待の鴨川がダメで、途中、内房への大移動 も頭をかすめましたが、せめて納竿釣行くらいは、ノンビリに徹したいと考え、前半は東条海岸、後半は前原海岸で拾い釣りをして、昼過ぎ帰途につきました。

結果、19cmを頭に、ピン、ピン兄混じりの13尾(250g)でしたが、我が家のテンプラには丁度良い尾数でしたね ・・・ 近年毎度の負け惜しみかな~~(笑)。

早いもので、今年も残り1週間になってしまいました。
混雑の正月が明けての、初釣りも楽しみですが、来年こそは好天に恵まれ、大漁になってほしいものです。

どうぞ、良い納竿釣行を楽しまれ、良い年をお迎えください。

 

 

 

Posted in 爆釣祈願(投げキス編), 詳細/スーパーウイング | 爆釣祈願 – 納竿・祈願すれども魚がおらず(笑) はコメントを受け付けていません。
12月 06

<固着返し>活用の<仕掛けのクセ・ヨレ除去シート>

先の、謝恩プレゼント第4弾 <固着返し&固着返しE> 中で、ご紹介できれば良かったのですが、<固着返し&固着返しE> は、固着の解除だけでなく、仕掛けのモトス、ハリスに多発するクセ・ヨレを除去するシートとしても、素晴らしい効果を発揮します。

原寸大のまま、<固着解除シート> と <仕掛けのクセ・ヨレ除去シート> の両用として使うことも可能ですが、繊細な仕掛けのクセ・ヨレ除去専用として使う場合は、<固着返し&固着返しE> を、扱い易いように小さ目にカットすると、抜群の使い勝手を発揮します。

 

 

 

私は、長年、投げ釣り仕掛けのモトスのクセ・ヨレ除去に愛用しています。

2014年3月14日のブログ中に、左の写真で簡単にご紹介済みで、既に、ご愛用のお客様もいらっしゃると思いますが、今回、改めて詳細をご説明させていただきます。

 

投げ釣りでは、2~3mの長い仕掛けを使いますが、モトスには、仕掛巻の巻きグセ、海中での折れ・曲がりグセ、魚の暴れグセなどが付き易く、又、ポイント移動の際は、再び仕掛巻の巻きグセが付くなど、終日、クセ・ヨレとの対決が続きます。

長いモトスが可能な限り一直線になっている方が、魚の掛かりが良くなるので、小まめに、クセ・ヨレを除去することが、大漁にもつながります。

クセ・ヨレの無いモトス、ハリスが大漁につながるのは、投げ釣りだけでなく、船釣りでも同じですね。

尚、少しでも仕掛けがヨレたら、即、使い捨の方には、不要かも知れませんネ(笑)。

 

モトス、ハリスがナイロン5号以下の仕掛けでは、原寸大の <固着返し&固着返しE> では、大き過ぎて使い難いので、左写真のように  <5~6cm X 3~4cm>  位の小さなサイズにカットすると、とても使い易くなります。

 

 

 

具体的には、現在の <固着返し&固着返しE> を、ハサミで左写真のようにカットして使います。

固着返し KG-1> からは4枚、<固着返しE KG-E> からは4~6枚の <クセ・ヨレ除去シート> を作ることができます。

 

 

カットした <クセ・ヨレ除去シート> には、上部に小さな穴を開け、スナップ付スイベルを付けて、ピンオン・リールなどにセットすると、スピーディな作業が可能です。

使い方はとても簡単です。

シートを折り曲げて、クセ・ヨレの付いたモトス、ハリスをしっかり挟み、

 

 

 

 

モトス、ハリスの片側を持ち、シートで反対方向に、モトス、ハリスをユックリとシゴくだけです。

この時、発生する摩擦熱で、モトス、ハリスのクセ・ヨレが除去されます。

 

 

 

モトス、ハリスのクセ・ヨレ除去には、この摩擦熱が大切なのですが、短い距離をユックリとシゴくだけで、大きな摩擦熱を発生させるには、モトス、ハリスとシートの間に強い密着力・摩擦力が必要となります。

もともと、<固着返し&固着返しE> は、この両方を備えているので、<クセ・ヨレ除去> にも、大きな効果を発揮するのです。

尚、この <クセ・ヨレ除去シート>  は、ホームセンターなどで市販のゴム・シートをカットしても作ることができますが、ゴム・シートは <固着返し&固着返しE> のように、シート中に繊維が織り込まれていないので、摩擦熱でゴムが切れやすく、太陽光でゴムが劣化しやすいので、使用寿命が短いのが欠点です。

この点、特に <固着返し KG-1> は、粘着性、摩擦性能に優れた高品質のシリコン素材中に、強力なポリエステル繊維を埋め込んであるので、<固着解除シート> としてだけでなく、<クセ・ヨレ除去シート> としても、最高の性能を発揮します。

皆様も、クセ・ヨレの無い仕掛けを駆使して、最高の釣をお楽しみください。

 

 

 

Posted in 詳細/固着返し | <固着返し>活用の<仕掛けのクセ・ヨレ除去シート> はコメントを受け付けていません。
11月 18

爆釣祈願 – <落ちギス爆釣>はあるのかな~~?

最近、爆釣祈願ブログを更新していないのですが、釣りに行っていないわけではないんです。

今年も、2~3ケ月に1回位は、投げ釣りを楽しんでいるのですが、爆釣・束釣りはおろか、ミニ爆・プチ爆にも巡り会えず、特に、ワイフ同伴の時は1時間も釣れないと、直ぐに諦めムードに突入し、美味しい地元料理店探しのグルメ・ドライブに変更されてしまうんです(笑)!

お陰様で、釣りの途中(?)にもかかわらず、マグロの漬け丼、海老カキ揚げ丼、穴子テンプラ、伊勢海老ラーメンなど、美味しい物が食べられるようになりましたが、これを爆釣祈願ブログで紹介するわけにもゆかないので、ブログの更新ができないんです。

近年、特に、落ちギス爆釣がなくなったのは、勿論、キスの大群に巡り会えないからなのですが、地球温暖化の影響か、海水温の高い状態が続き、又、短時間の気圧変動で発生する強風によって沿岸海水が濁る日が多くなり、中型キスが大群となり、越冬準備のため接岸して荒食いをする習性が薄れて(無くなって)しまったのではと心配になります。

事実、昔、投げキス釣りを楽しんだ <タイ・バンコック周辺> では、キスはいつでも釣れるものの、日本のような<落ちギス爆釣>は無いとのことで、<落ちギス爆釣>が、日本の四季が主因の、日本特有のキスの行動であることは間違いありません。

そんな <落ちギス爆釣> を夢見て、11月16日、房総半島・外房に行ってみましたが、期待の鴨川海岸は、薄濁りでキスの気配すら無し。

止む無く、外房を北上して、北~北東風の風裏に当たる、小さなワンド海岸を探ってみることにしました。

鴨川の左隣り二間浦海岸は、サーファーが群がり、薄濁りの水色でパス。

更に北上して城崎海岸を覗くと ・・・ ルアー釣りがパラパラで、何と、ブルーの綺麗な水色じゃありませんか!?

まあ・・・結果的には、鴨川、二間浦に比べれば、マシな水色だっただけなんですけどね(笑)。

 

 

 

早速、釣り始めると、ピンギス中心ながら、ポツポツと掛かってきます。

この日は小潮で、潮の動きは良くはなかったのですが、それでも昼の満潮近くになれば、中型の群れが回遊してくるのでは!!??? ・・・  と、淡い期待で待ちましたが ・・・

 

 

・・・ 昼の終了時間まで、何~~ンの群れも回遊して来ず、ピンギス中心(最大18cm)に、ポツリポツリの拾い釣りで、16尾の貧果に終わってしまいました。

 

 

 

 

釣れない話ばかりで恐縮ですが、その前は、10月22日、<秋ギス爆釣> を追って内房を回ってみたのですが ・・・

最初は、保田海岸からスタートしましたが ・・・

 

 

 

 

 

ピンギス中心にポツポツと掛かるものの、とても群れが回遊してくるとは期待できない状態で、早々に諦めて岩井海岸や館山周辺を探ってみましたが、どこにも、秋ギスの群れは居ませんでした。

 

 

 

 

内房を徘徊した結果は、ピン兄中心(最大18cm)の15尾と、これ又、お恥ずかしい貧果でした。

 

 

 

 

今年から、おなじみ連掛け性能の良い <片側半遊動テンビン> に、房総・爆釣用の大針・太仕掛けと、昔、湘南海岸で親しんだ小針・細仕掛けも総動員して、使い分けているんですが、キスの群れがいないことには、何をしても悪あがきにしかなりませんね(笑)!

先週11月14日、平年より3週間以上遅れて、北海道で初雪が観測され、関東でも、少しは寒くなって来ました。

冷たい北風が吹き始めると、沿岸の海水温も下がり始めます ・・・ だとすると ・・・ 関東では、11月下旬から12月上旬頃に、落ちギスの群れが動きだすのでは??? ・・・ などと、期待ばかりが膨らんでしまいます(笑)。

過去には、落ちギスの <クリスマス爆釣> <正月休み爆釣> も記録がありますが ・・・ さてさて、今年の <落ちギス爆釣> は、何時になるやら、有るのやら??? ・・・楽しみと不安が一杯ですね!

 

 

Posted in 爆釣祈願(投げキス編), 詳細/スーパーウイング | 爆釣祈願 – <落ちギス爆釣>はあるのかな~~? はコメントを受け付けていません。
10月 15

第11回 錦江湾カップ・ひとつテンヤ真鯛釣り大会

やっと、ヤ~ット、や~~~っと、猛暑、長雨、台風が終わり、爽やかな秋になったようデス! ・・・ しかし、今年の天候は、最悪でした!!!!

さて、今秋も、鹿児島K.F.A. <錦江湾フィッシング・アソシエーション> 主催の第11回・錦江湾カップ・ひとつテンヤ真鯛釣り大会が、11月4日(日)錦江湾(鹿児島湾)重富漁港で開催されます。

錦江湾は波の静かな内海で、6Kg超えの大型真鯛が生息し、デリケートな当りを楽しむ<ひとつテンヤ真鯛>の別天地として人気の釣り場です。

真鯛以外にも、外道の大型コロ鯛なども多く、強烈なファイトが楽しめます。

弊社では、今回も協賛会社として、下記の商品他を提供させていただきます。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スピード・ホルダー3 ロングタイプ

錦江湾(鹿児島湾)、東京湾、伊勢湾など、大波で船が大揺れしない釣り場で、中小物釣りに活躍中です。

竿にクランプ部品の取り付けが不要なので、手尻の短い中小物竿、ライトタックル竿、ひとつテンヤ竿などでお使いいただくと、竿を握った時のフィーリングを損なうことがなく、

➀ 竿を上げるだけで、自動的に竿掛けから外れ、スピーディに合せられる

➁ 竿先を送り込みながら、魚に違和感を与えず、竿掛けから外せる

の2通りの外し方で、スピーディ & デリケートな当たりに対応することが出来ます。

 

 

 

 

かんたんリーダー結び

錦江湾は、大型真鯛で有名ですが、大型コロ鯛などの外道も多いので、真鯛とは一味違う強烈な引き込みにも対応する必要があります。

従い、万全な仕掛けが安心で、結節強度100%を誇る、最強PRノット のご活用をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

ひとつテンヤに限らず、秋晴れの海、川、湖で、自然を満喫しながら、釣りを楽しみたいものです!!

皆様の好釣、大漁をお祈り申し上げます。

 

 

Posted in 大会・イベント, 詳細/かんたんリーダー結び, 詳細/スピードホルダー | 第11回 錦江湾カップ・ひとつテンヤ真鯛釣り大会 はコメントを受け付けていません。
7月 24

爆釣祈願 & 酷暑お見舞い申し上げます

いったい、日本/地球の気象はどうなっているのでしょうか?!
今年は7月から猛暑が始まり、各地で40度超えの酷暑が続き、熱中症の危険が大きくなるばかりです。

部屋の中が体温より高い状態で、最早、この酷暑の中、炎天下の海辺で釣りをするのは、吹雪の中、冬山登山をするのと同じで、とても危険だと考えねばなりません。

かく言う私は、本ブログでもご紹介のように、以前は、 <熱中症か? 爆釣か?> と注意をしながらも、日の出から朝9~10時頃までの爆釣や、夜釣りを楽しんでいました。

片側半遊動テンビンで、夏キス爆釣・リベンジ達成
浜辺の熱中症対策/竿立てに日傘を取付ける方法
熱中症か?! 爆釣か?! 熱闘平砂浦
真夏の夜の大ギスの夢

今年は、早朝7時でも30度を超え、午前中には35度を超える酷暑になっています ・・・ 夕方~夜でも30度超えが続いているので、夜釣りと言えども、熱中症の危険から逃れることはできません。

海辺では、砂浜や海面からの照り返しも加わり、公式発表よりはるかに暑くなります ・・・ 都会のコンクリートジャングルも暑いですが、まだ日陰に逃げられます ・・・ 砂浜や堤防には、日陰もありません ・・・ この酷暑では、帽子や日傘など焼石に水です(笑)!

酷暑が続いている間、決して無理をせず、気温が少し下がるまで、海辺で釣りをするのは避けることをお勧めします。

8月は、7月以上に暑くなるのではと不安になりますが、それでも、9月になれば多少涼しくなると期待しています。

趣味の釣りに、命まで賭けても意味がありません(爆)! ・・・ くれぐれも 安全釣行を楽しまれて下さい。

 

 

Posted in 爆釣祈願(投げキス編) | 爆釣祈願 & 酷暑お見舞い申し上げます はコメントを受け付けていません。
7月 02

つり丸・7-15号 新コーナー・Looking Mistake

つり丸・7-15号

発売 : 2018年7月1日

7月。 そろそろ梅雨も終わり本格的な夏がやってくる。 夏は暑いからいやだ? ちがう! 沖釣りの夏は暑いんじゃない、熱いんだ!!

7月は釣ってたのしく食べて美味しい極上のターゲットが目白押し! さあ、行くぜ! 夏の沖釣りへ!!

巻頭特集 :
7月の極上ターゲット7
★タチウオ★ムラソイ★アジ★スルメイカ★メタルスッテ★タイラバ★オニカサゴ

 

 

今月号から、<Looking mistake (間違い探し)>コーナーがスターしました。

左のように、2枚の写真を比べ、3ケ所の間違いを探すクイズですが、チョット目をこらして両写真を眺めれば、かんたんに見つかると思いますよ(笑)!

今回は、<かんたんリーダー結び> 2個を提供させていただきます。

締切り : 8月1日当日消印有効

詳細は、つり丸・7-15号をご覧ください。

 

 

 

 

上記でプレゼント提供をさせていただく <かんたんリーダー結び 品番KL-1>  です。

PEラインのノット史上最強・結節強度100%の <PRノット> を、簡単、確実に結べる特許構造です。

表側で、前半の巻付けを済ませたら、そのまま糸を裏側に回し、後半のハーフヒッチを手の平の中で、強固に仕上げることができます。

 

 

ボビン中央部の重量調節ウエイトを脱着するだけで、細糸用(PE0.4~2号)と 標準用(PE2~6号)に切替が可能です。

更に、別売りの <PR太糸用マグネットウエイト 品番M50> を追加すると、PE8~16号にも対応が可能です。

 

 

メバルから巨大マグロまで、ほぼ全ジャンルの釣りで結節強度100%を誇る <PRノット> を活用できますが、慣れると、PE0.2号ラインとフロロカーボン0.8号リーダーの極細ライン結束も簡単で、サツキマスなど河川でのPEラインとリーダー結束にも活躍しています。

今年も、<かんたんリーダー結び> を駆使して、大物、超大物を仕留めてください。

尚、幾ら釣りが熱くても、真夏の暑さには十分にご注意ください(笑)!!

 

 

 

 

 

 

 

Posted in 新聞・雑誌, 詳細/かんたんリーダー結び | つり丸・7-15号 新コーナー・Looking Mistake はコメントを受け付けていません。
5月 21

第9回 上州屋・大原マダイ釣り大会

今年も、7月1日(日)上州屋主催の <第9回マダイ釣り大会> が、千葉県いすみ市大原港で開催されます。

今年は、<ひとつテンヤ部門>と<タイラバ部門>の2部門で開催されますが、募集人員445名 という人気の大会です。

ファジーも協賛会社として参加をさせていただき、協賛商品として <かんたんリーダー結び> を提供させていただきます。

皆様の大漁をお祈り申し上げます。

 

 

 

テンヤマダイもタイラバも、PE0.6~1号の細いPEラインに、ナイロン(フロロ)2~4号を直結するラインシステムで大鯛を狙いますが、大鯛だけでなく、大物外道が掛かることも多いので、ラインとリーダーの結節には、<結節強度100%のPRノット> が安心です。

この最強PRノットを船上でも、仕上げのハーフヒッチを含め、わずか3分で確実に結束できるのが <かんたんリーダー結び> です。

メバル用の極細PE0.4号から、マグロ用の強力PE6号まで(別売り太糸用マグネットウエイトを併用すると、PE16号まで対応可能)、1台でほぼ全ての海川のラインシステム作りに対応できます。

どうぞ、ご活用ください。

 

 

 

Posted in 大会・イベント, 詳細/かんたんリーダー結び | 第9回 上州屋・大原マダイ釣り大会 はコメントを受け付けていません。
5月 09

第19回ファミリーフィッシング&クリーンアップビーチ

今年も、恒例の 第19回ファミリーフィッシング&クリーンアップビーチ が、富山県・黒部市・石田フィッシャリーナ周辺で開催され、ファジーも協賛会社として参加をさせていただきます。

開催日 : 2018年6月3日(日)

場 所 : 黒部市石田フィッシャリーナ周辺

主 催 : 全日本サーフキャスティグ連盟北陸協会

運 営 : 岩瀬釣友会

 

 

 

 

 

釣りは5:30~10:00迄で、10:00からは、参加ファミリー全員で海岸の清掃を行う素晴らしい投げ釣り大会で、その活動は新聞などでも報道されています。

釣りを通じて、自然と親しむことを目的としているため、釣果を競うこともなく、各社からの協賛品は、参加者に抽選で渡されています。

今年も、好天に恵まれ、楽しい大会になりますよう、お祈り申し上げます。

 

 

Posted in 大会・イベント | 第19回ファミリーフィッシング&クリーンアップビーチ はコメントを受け付けていません。