6月 14

爆釣祈願 - 天婦羅・プチ爆釣

関東も <梅雨入り> したそうですが、雨が降るでもなく降らないでもなく、気持ちの悪い天気が続いています ・・・ でも、毎年考えてしまうんですが、役人が気分で決めて、後で取消・変更したりの <梅雨入り> 発表や、 暇潰しとしか思えない <桜の開花> 宣言など、上から目線の <発表、宣言> って、いったい何なんでしょうか (笑)?!

さて、そんな気持ちの悪い <発表> の中、先週末から、館山湾の海岸で良い釣果が上がっているとの噂を耳にして、昨日(13日)、天婦羅釣りに出かけてみました。

実は、土日(日曜日は父の日?!)に、今年小学生になったばかりの孫娘が遊びに来るので、キスの天婦羅をご馳走してあげたいと考えたんです ・・・ と言うのはワイフに対する口実で(笑)、実は、梅雨早期の爆釣、ミニ爆釣を楽しみたかったんです。

 

昨日も毎度の、のんびりスタートで、釣れてると噂の館山・八幡海岸/北条海岸に、8時の干潮直前に到着すると、既に、数名が竿を出しています。

写真中の釣り人に挨拶をして、様子を聞くと、早朝からやって、現在、釣れてる距離は5色、小型をリリースしながら、20尾ほどをキープしたとのこと。

 

 

早速、私も竿を出してみましたが、1投目、5色で1尾掛かったものの、2投目からはゴミ・ゴミ・ゴミ・・・

海岸にも、大量のゴミが打ち上げられていて、午後2時の満潮に向かって、ゴミが接岸して、天婦羅ならぬゴミの爆釣が期待されるんですよね(笑)。

 

 

八幡・北条海岸で1時間ほど粘ったものの、天婦羅の気配が無いので、ゴミの原因ともなった南風に強い、館山湾左側の大賀海岸に移動しました。

ここは、左右の堤防と沖テトラに囲まれた小さな浜なのですが、南風には滅法強く、海況さえ良ければ、満潮にかけて、天婦羅の群れが入ってくるんです。

 

 

潮が上げ始めた直後なので、先ず、川の流れ込みを中心に探り始めると、幸先良く、1投目から2連でスタートしました。

その後、投げる毎に、1~3尾が掛かり続け、数投でツ抜けを達成!

この調子なら、目標の天婦羅30尾を確保できるかもと、やる気満々になりました(笑)・・・

 

勿論、今回も、<スーパーウイング2(遠投時はウイングをカット)に、<ステンレスワイヤー> を組合わせ、1尾1尾の当りを楽しみながら、連掛け性能を発揮する <片側半遊動テンビン> を使っています。

 

 

 

潮が満ちてくるに連れ、浜の中央で釣れ始めました。

左は、先針に19cmの4連ですが、この天婦羅サイズの強烈な当たりは、いつ味わっても至福の瞬間です ・・・ 勿論、天婦羅の味も最高ですけど(笑)。

 

 

 

今回は、大賀海岸特有の 短時間猛爆 は起こりませんでしたが、午後2時の満潮まで粘って、最大19cmを頭に、41尾/1.07kg の プチ爆釣を楽しむことができました。

 

 

 

 

一応、正式写真です。

40尾を超えると、大皿にも載らないので、丸盆を使っていますが、更に、束釣り(100尾)すると、我が家で最大の四角盆に並べています。

今年は久しぶりに、四角盆の活躍を祈願しています(笑)!

 

 

天婦羅は土曜日の夕食なので、背開き、3枚下しにせず、下ごしらえだけして、乾燥しないようにラップで包み、冷蔵庫に保管しました。

これに、野菜、きのこ、竹輪などを加わえるので、天婦羅食べ放題の量になりそうで、孫娘も喜んでくれそうです・・・ジジ馬鹿ですね(笑)!

 

6月の梅雨時は、良い条件の浜さえ見つければ、束釣り、爆釣、ミニ・プチ爆釣が楽しめますが、予想が外れると、ツ抜けすら難しいのも、ごの時期なんです。
でも、当り外れを覚悟しながらの群れ探しが楽しいんですよね(笑)!

皆さまも、是非、チャレンジされてください。
尚、急な豪雨、落雷、車の運転には十分に注意され、くれぐれも安全釣行をお願いいたします。

 

 

 

Posted in 爆釣祈願(投げキス編), 詳細/スーパーウイング | 爆釣祈願 - 天婦羅・プチ爆釣 はコメントを受け付けていません。
6月 06

爆釣祈願 – 今年も期待?の鴨川海岸

昨日(6月5日)、今年初めて、外房・鴨川海岸に行ってみました。

鴨川海岸は、私が一番好きな海岸で、本ブログを開設してからも、春の爆釣夏の爆釣秋の落ちギス大爆釣 と、投げ釣りの楽しさを満喫させてくれる海岸なんです。

前回は、ワイフ同伴の内房・短時間釣行でしたが、今回は、ワイフのお許しを得ての単独釣行で、昼12時の干潮まで目一杯楽しむべく、早朝4時に出発しました。

途中、アクアラインの吹き流しを見ると、吹き流しが僅かに傾く程度の弱い南風で、勇んで7時過ぎに鴨川海岸に到着したのですが・・・・・

海の色はイマイチで、波も多少有り、海岸の両側はサーファーで一杯なんです。

平日・水曜日だというのに、何で、こんなに沢山のサーファーがタムロしてるんでしょうか??

まあ、私も、平日・水曜日の釣り人なので、文句は言えませんけどネ(笑)。

 

 

止む無く、サーファーの居ない浜の中央寄りでスタートすることにしました。

ここは右も左も、釣り人ゼロの、貸し切り状態ですが、海の色は悪いし、波も大き目だし、何となく釣れる雰囲気がしないんですよね ・・・ まあ、ダメなら館山の堤防にでも逃げ込めがイイと、ダメ元でのスタートでした(笑)。

 

 

道具は、春先の遠投も覚悟して、竿30号、リール35mm、ラインPE0.6号、キス5号の4本針、エサはジャリメです。

勿論、テンビンは、固定テンビンに<スーパーウイング2>と<ステンレスワイヤー>を組合わせた<片側半遊動方式>です。

 

 

まだ満潮5時から時間が経っていないので、先ず近場狙いで、4色から探り始めました。

何の反応も無いまま、2色までサビいてくると、突然、ガンガンと元気な当りが連発 ・・・ 1投目から2尾の連掛けです!

 

 

2投目は3色で3尾の連掛け。

その後も、投入の度、良い当りが続き、何と、5投連続のカラ針無しでした。

 

 

 

 

左は、4本針に4連で、数字だけ見ると、爆釣の雰囲気すら漂う掛かりっぷりなのですが、なぜか、爆釣用の5本針にチェンジする気にはなれないんです。

 

 

 

 

理由は、16cm前後のキスが多く、鴨川サイズの18cmアップが出てくれないんです。

 

 

 

 

 

それでも、小さ目の連掛けを楽しんでいたら、キスの針外し中に ・・・ <ア~~~・・・やっちまった!!!> ・・・ ギター用に伸ばしている親指の爪にヒビは入っていたのですが、そのヒビが横向きに大きく広がってしまったんです(涙、涙、涙)。

そのまま放置すると、親指の爪が大きく欠けて、爪が伸びるまで、1ケ月近くギターを弾けなくなってしまいます。

急いで、バンドエイドで爪をカバーして、釣りを続けてみましたが、親指の爪先にバンドエイドを貼って、ジャリメを小針に差すのは至難の業で、釣った魚の針外しも大変 ・・・ もう~~釣りになりません!

止む無く、仕掛けを畳んで車に戻り、車中に常備している瞬間接着剤とティッシュペーパーで、爪の修理をする羽目になりました ・・・ 写真は修理後の爪で、ティッシュペーパーをカットして爪に被せ、上から瞬間接着剤を浸みこませ、何回も上塗りをして固めるんです ・・・ 以前、自宅で同じ修理した経験は有るのですが、1時間近いロスになってしまいました(涙)!

やっと爪の修理を終え、同じ釣り場に戻りましたが、群れはどこかに移動してしまったようで、当りすらなくなってしまいました。

その後は、新しい群れを捜して、広い鴨川海岸(東条海岸、前原海岸)をあちこち放浪し、数尾を追加したところで、12時の干潮を迎え、予定の5時間が終了しました。

 

釣果は、17cmを頭に23尾/450gで、目標の30尾には足りませんでした。

時合中の爪割れ事故さえ無ければ、何とか30尾を達成できたのではと思いますが(たら、ればの世界です)、鴨川にしては型が小ぶりで、本格的なシーズンイン直前といった感じです。

 

 

12時に竿を畳んで、混雑前の道路をスイスイと帰宅し、丁寧に魚を捌いて、天婦羅と、糸造りの刺身を堪能しました。

近年、なかなか良い釣果に巡り会えない中、今年の鴨川は、期待に応えてくれそうな雰囲気だけは感じられた一日でした ・・・ 近年、雰囲気だけで終わることが多いんですけどネ(笑)。

 

今年は、暑さが厳しくなりそうですが、皆さまも、安全第一で、釣りを楽しまれてください。

 

 

 

Posted in 爆釣祈願(投げキス編), 詳細/スーパーウイング | 爆釣祈願 – 今年も期待?の鴨川海岸 はコメントを受け付けていません。
5月 14

爆釣祈願 – エ~~~136尾!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月8日、半年振りの房総半島で、やっとツ抜けの <13尾>でしたが、同じ日、富山では47尾、5月10日には、何と <136尾> だったそうです ・・・ 私の10倍じゃないですか(笑 ・・・涙)!!!

太平洋側が風表で、日本海側が風裏だったからかな~~~!?

5月早々の束釣りとは、羨ましいかぎりですが、関東も今年は釣れてほしいですね!

皆さまも、良い釣りをお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

Posted in 爆釣祈願(投げキス編) | 爆釣祈願 – エ~~~136尾!? はコメントを受け付けていません。
5月 11

本日現在の<ファジーの手持ち在庫>について

いつもファジーの釣具をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

3月下旬、釣具問屋さんに、ファジー閉店をご案内してから1ケ月が経過しましたが、お陰様で、大部分の商品を出荷させていただき、本日現在、弊社の手持ち在庫は、<スピードホルダー 3機種> だけになってしまいました。

 

 

釣具問屋さんに出荷した商品は、現在、各地の釣具店さん、通販会社さんで販売されていますが、<スピードホルダー 3機種> 以外は 最終出荷分ですので、ご愛用をいただいている皆様には、商品が有る間に、ご入手いただけますようお願い申しあげます。

現在も出荷中の <スピードホルダー 3機種 > は、バンコックで製造し、大きなロットでコンテナ輸入していたことから、国内製造のように販売状況に応じた製造調整ができず、まだ多少の在庫を保持しているものです。

スピードホルダー3 スタンダードタイプ
SPH-300S ¥6,500(税別)

スピードホルダー3 ロングタイプ
SPH-300L ¥7,500(税別)

 

スピードホルダーES 江戸前スペシャル
SPH-150ES ¥4,750(税別)

 

従い、本ホームページ中の <直販> をご覧いただき、<お問い合わせ> 欄からご注文をいただければ、お届けできますのでご利用ください。

 

尚、数は少ないものの、一部の商品で、化粧箱の破損、化粧用ヘッダーの不足などで、釣具問屋さんに販売できない商品がありますので、今後、釣具店さん、通販会社さんで当該商品が品切れになったら、一番最後になりますが、<訳あり商品> として、本ブログ中でご紹介をさせていただく予定です。

今後とも、ファジーの釣具をご愛用いただけますよう、よろしくお願い申しあげます。

2019年5月11日
(株)ファジー

 

 

 

 

Posted in 直販・訳あり商品, 詳細/スピードホルダー | 本日現在の<ファジーの手持ち在庫>について はコメントを受け付けていません。
5月 09

爆釣祈願 ‐ 春の小爆釣が始まりそうですね

ファジー閉店に係わる雑務続きで、釣りに行けない日々が続いていましたが、やたら長かった連休も明けたので、昨日(5月8日)半年ぶりに房総半島に出かけてみました。

昨日は、ワイフ同伴のノンビリ釣行で、朝5時に起床、ユックリ朝食をとり、昨春から飼い始めたセキセイインコのピーちゃんのエサを替えたりして、家を出発したのは6時近くになってしまいました。

因みに、このピーちゃん、現在、言葉を覚える特訓中なのですが、鳥カゴに吊るした 鈴の音色 “チリン・チリン”  を見事に口真似し、まだ下手ながら、自分の名前 “ピーチャン”  も発音できるようになった、我が家の可愛い人気者なんです。

途中、東京湾アクアラインの海ホタルで休憩し、弁当を買い、最初の釣り場・保田海岸に到着したのは、何と9時近くになってしまいました ・・・ 以前は、朝5~6時には釣り始めていたんですけどね(笑)。

毎年のことながら、5月は南風の強い日が多く、外房は濁りが強いので、内房の南風に強い浜を巡り、最悪、館山の堤防に逃げ込むつもりでした。

9時の保田海岸は、投げの釣人が1人居るだけで、多少、濁りが有るものの、まだ釣りが出来そうな雰囲気で、取り敢えず竿を出してみることにしました。

 

 

釣り始めて2投目、私が手洗いに行く合間、ワイフにリールを巻いてもらっていたら、何と、最初の1尾目が釣れてしまいました(笑)。

ただし、その後、南西風が強くなり、濁りも広がり始め、フグにハリを取られることが多くなったので、1時間程で場所変えにしました。

 

 

次に向かったのは、勝山海岸ですが、手前に濁りが広がっていてパス。

更に、手前湾奥の大六海岸も濁りが出始めていてパスしましたが、真珠島の風裏になる鱚ケ浦は、まだ綺麗な水色だったので、干潮前の時間帯ダメ元覚悟で試してみました・・・写真は、綺麗な浜に感激して万歳しているワイフです ・・・ 大袈裟ですね(笑)。

 

鱚ケ浦の1投目、不安を払拭する綺麗な当りが3色で出て、小型ながら3本針に2連の好スタートになりました。

スーパーウイング2>と<ワイヤー>を組合わせた<片側半遊動テンビン>は、キスが群れる狭いエリアで、オモリを最短の距離でサビく時、<固定テンビンの針掛かりの良さ> と <遊動テンビンの強烈な当たり> を同時に発揮して、キスの連掛けを実現してくれます。

 

2連の後、直ぐに3連が続き、その後も、まあまあのペースで短時間にツ抜けしましたが、12時の干潮潮止まりと同時に当たりが無くなったので、終了としました ・・・ 1人なら、潮が上げ始めて、満潮まで粘るんですけど、ワイフ同伴なので、約束通り午前中3時間で終了です(涙)!

 

 

結果は、最大16cmの13尾/250g と、何とかツ抜けは出来ました。

お粗末な釣果ですが、堤防でなく浜から近距離で釣れたので、群れが接岸し始めたようです ・・・ シーズンインしたのではないでしょうか?!

 

 

 

帰途、ワイフの希望で、館山の <道の駅 枇杷倶楽部> に立ち寄り、買物と枇杷ソフトクリームを楽しみ、混雑前の道路をスイスイと帰宅し、夕食は久しぶりのキスの天婦羅で、ビールを美味しくいただきました ・・・二人で食べるなら、これだけのキスで十分ですね! ・・・ 負け惜しみっぽく聞こえますね(笑)。

 

5月は南風の強い日が多いのですが、水温は上昇していますので、風が弱く濁りの少ない釣り場を上手に見つけられれば、<面白い釣り> が出来そうですね。

どうぞ良い釣りをお楽しみください。

 

 

 

Posted in 爆釣祈願(投げキス編), 詳細/スーパーウイング | 爆釣祈願 ‐ 春の小爆釣が始まりそうですね はコメントを受け付けていません。
4月 01

ファジー閉店準備のご案内

春爛漫、桜満開の、良い季節になってまいりました。

HPトップでご案内のように、ファジーは、今年、釣具問屋向けに出荷している <手持ち在庫> が無くなり次第、閉店とさせていただきます。

ファジー開店から20年間、弊社の釣具を製造し続けてくれた東京・大田区の成型・組立工場が、後継者不在で廃業することになってしまい、これを契機に、ファジーも製造・販売を終了することにした次第です。

ファジーの釣具は、国内製造だけでなく、バンコックで製造しコンテナで輸入したり、部品をインドで製造して空輸していますので、<手持ち在庫> の数量にも大小があります。

しばらく <直販> でお届けできる商品も有りますが、本日(4月1日)現在、多くの商品が <手持ち在庫ゼロ> になってしまいましたので、混乱を避けるため、HPの<直販>は閉鎖とさせていただきました。

ファジーでの <手持ち在庫ゼロ> とは、在庫分が釣具店に移動したことを意味しますので、是非、ファジーの最終製造ロットを、お近くの釣具店でお求めいただけますよう、お願い申しあげます。

どうしても、釣具店でご入手いただけない時は、HP左側の  <お問い合わせ>  欄から、<商品の有無、直販の可否> などをお問い合わせ下さい ・・・ 商品によっては、多少の在庫がございます。

今後、折を見て、化粧箱の汚れ、化粧袋の不足、商品の色違いなど、釣具店には出荷ができないものの、機能・性能には何の問題も無い <訳あり商品> をご案内させていただく予定です。

今後とも、ファジーの釣具をご愛用いただけますよう、よろしくお願い申しあげます。

 

 

 

 

 

Posted in ご挨拶, 直販・訳あり商品 | ファジー閉店準備のご案内 はコメントを受け付けていません。
1月 05

つり丸 1-15号 Looking Mistake &新春超豪華プレゼント

つり丸・1-15号

発売 : 2019年1月1日

巻頭第1特集:
2019年も楽しく! 美味しく!
めでたく行こう新春の釣り!!
アマダイ・アカムツ・高級根魚リレー・コマセマダイ

巻頭第2特集:
釣り場拡大!
本格シーズン突入!
冬の肉厚ビラメを釣ろう!!
大原沖・御宿沖・日立沖

 

 

 

<Looking Mistake 間違い探し>コーナーに、<かんたんリーダー結び 2個>を提供させていただいております。

締切り:2月1日当日消印有効

詳細は、つり丸・1-15号をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

新年号には、2019新春超豪華プレゼント <6ページ・ブチ抜き> が企画され、竿、リール、ルアーなど、色々なプレゼントが載っています。

 

 

ファジーでも、<スピード・ホルダー3 3台> を提供させていただきました。

締切り:1月31日当日消印有効

詳細は、つり丸・1-15号をご覧ください。

 

 

 

天気予報によると、今年は暖冬とのことですので、<波の静かな釣り日和&大漁> が期待できるかも知れません ・・・ もっとも、<当たらぬ天気予報> が <外れれば> の話ですけどネ(笑)。

皆様の<初釣り大漁>を祈願申しあげます。

 

 

Posted in 新聞・雑誌, 詳細/かんたんリーダー結び, 詳細/スピードホルダー | つり丸 1-15号 Looking Mistake &新春超豪華プレゼント はコメントを受け付けていません。
12月 22

爆釣祈願 – 納竿・祈願すれども魚がおらず(笑)

昨日(21日)、今年の投げキス・納竿釣行にいってきました。

今年は、束釣り はおろか、50尾の爆釣 、30尾のミニ爆 にすら巡り会えなかったので、<終わり良ければ全て良し>で締めるべく、最低でも <20尾のプチ爆> 目標で臨んだのですが ・・・(笑)。

向かった先は、私のホームグラウンド、房総半島の鴨川海岸です。

鴨川は、落ちギス状態か、冬ギス状態か判らないので、先ず、落ちギスを前提として、9時半の干潮まで、引き潮の間は東条海岸を狙うべく、磯場に近い左側からスタートしました。

 

 

 

 

ヒラメ狙いのルアーマンが数名いるだけで、ほとんど波も無く、投げ釣りの天敵・サーファーがいない、絶好のコンディションなんです ・・・ 厳密には、写真に頭が写っていますが、波も無いのに浮いているだけの、少しだけ変なサーファーが1人いましたけどね(笑)。

 

 

 

1投目から、3色に入ると、ゴンゴンと鮮烈な当り ・・・ 3本針仕掛けに連掛けです。

距離は近いし、型もマアマア !

もし、群れが寄っていれば、爆釣モード突入のパターンなんですが ・・・ 近年では、朝イチの <モーニング・サービス> の不安も有るんですよネ(笑)。

 

2投目は、強い当りで、当日最大の19cmがヒット、目標のプチ爆20尾は時間の問題と楽観したのですが ・・・

が・・・ 時間をかけずに突入したのは、不安的中のヤッパリ、待ったり、サッパリ・モードでした(笑)。

でも、まだこの時点では、上げ潮時、切り札・前原海岸のスポット狙いで、20尾は大丈夫と考えていました。

 

前原海岸に移動する途中、両方の海岸を見渡せる堤防から見ると、海水表面は綺麗に見えるんですが、何となく水の透明感が低い気がするんです ・・・ 数日前の強風の濁りが、まだ完全には消えていない感じなんです。

でも、濁りが消えるのを待っていると、次の強風で、再び濁りが復活してしまうのが、近年のパターンなんです(笑)。

 

期待の前原海岸に移動すると、ピン、ピン兄が、ポツポツ掛かるものの、群れが入っている雰囲気が無いんです ・・・ テトラ回りの必殺ピン・ポイント狙いも空振りです(笑)。

オモリの最小限の移動で、強い波の中でも、明確な当りと、連掛け性能を発揮する <片側半遊動テンビン> も、魚がいないことには、効果を発揮できません。

 

期待の鴨川がダメで、途中、内房への大移動 も頭をかすめましたが、せめて納竿釣行くらいは、ノンビリに徹したいと考え、前半は東条海岸、後半は前原海岸で拾い釣りをして、昼過ぎ帰途につきました。

結果、19cmを頭に、ピン、ピン兄混じりの13尾(250g)でしたが、我が家のテンプラには丁度良い尾数でしたね ・・・ 近年毎度の負け惜しみかな~~(笑)。

早いもので、今年も残り1週間になってしまいました。
混雑の正月が明けての、初釣りも楽しみですが、来年こそは好天に恵まれ、大漁になってほしいものです。

どうぞ、良い納竿釣行を楽しまれ、良い年をお迎えください。

 

 

 

Posted in 爆釣祈願(投げキス編), 詳細/スーパーウイング | 爆釣祈願 – 納竿・祈願すれども魚がおらず(笑) はコメントを受け付けていません。
12月 06

<固着返し>活用の<仕掛けのクセ・ヨレ除去シート>

先の、謝恩プレゼント第4弾 <固着返し&固着返しE> 中で、ご紹介できれば良かったのですが、<固着返し&固着返しE> は、固着の解除だけでなく、仕掛けのモトス、ハリスに多発するクセ・ヨレを除去するシートとしても、素晴らしい効果を発揮します。

原寸大のまま、<固着解除シート> と <仕掛けのクセ・ヨレ除去シート> の両用として使うことも可能ですが、繊細な仕掛けのクセ・ヨレ除去専用として使う場合は、<固着返し&固着返しE> を、扱い易いように小さ目にカットすると、抜群の使い勝手を発揮します。

 

 

 

私は、長年、投げ釣り仕掛けのモトスのクセ・ヨレ除去に愛用しています。

2014年3月14日のブログ中に、左の写真で簡単にご紹介済みで、既に、ご愛用のお客様もいらっしゃると思いますが、今回、改めて詳細をご説明させていただきます。

 

投げ釣りでは、2~3mの長い仕掛けを使いますが、モトスには、仕掛巻の巻きグセ、海中での折れ・曲がりグセ、魚の暴れグセなどが付き易く、又、ポイント移動の際は、再び仕掛巻の巻きグセが付くなど、終日、クセ・ヨレとの対決が続きます。

長いモトスが可能な限り一直線になっている方が、魚の掛かりが良くなるので、小まめに、クセ・ヨレを除去することが、大漁にもつながります。

クセ・ヨレの無いモトス、ハリスが大漁につながるのは、投げ釣りだけでなく、船釣りでも同じですね。

尚、少しでも仕掛けがヨレたら、即、使い捨の方には、不要かも知れませんネ(笑)。

 

モトス、ハリスがナイロン5号以下の仕掛けでは、原寸大の <固着返し&固着返しE> では、大き過ぎて使い難いので、左写真のように  <5~6cm X 3~4cm>  位の小さなサイズにカットすると、とても使い易くなります。

 

 

 

具体的には、現在の <固着返し&固着返しE> を、ハサミで左写真のようにカットして使います。

固着返し KG-1> からは4枚、<固着返しE KG-E> からは4~6枚の <クセ・ヨレ除去シート> を作ることができます。

 

 

カットした <クセ・ヨレ除去シート> には、上部に小さな穴を開け、スナップ付スイベルを付けて、ピンオン・リールなどにセットすると、スピーディな作業が可能です。

使い方はとても簡単です。

シートを折り曲げて、クセ・ヨレの付いたモトス、ハリスをしっかり挟み、

 

 

 

 

モトス、ハリスの片側を持ち、シートで反対方向に、モトス、ハリスをユックリとシゴくだけです。

この時、発生する摩擦熱で、モトス、ハリスのクセ・ヨレが除去されます。

 

 

 

モトス、ハリスのクセ・ヨレ除去には、この摩擦熱が大切なのですが、短い距離をユックリとシゴくだけで、大きな摩擦熱を発生させるには、モトス、ハリスとシートの間に強い密着力・摩擦力が必要となります。

もともと、<固着返し&固着返しE> は、この両方を備えているので、<クセ・ヨレ除去> にも、大きな効果を発揮するのです。

尚、この <クセ・ヨレ除去シート>  は、ホームセンターなどで市販のゴム・シートをカットしても作ることができますが、ゴム・シートは <固着返し&固着返しE> のように、シート中に繊維が織り込まれていないので、摩擦熱でゴムが切れやすく、太陽光でゴムが劣化しやすいので、使用寿命が短いのが欠点です。

この点、特に <固着返し KG-1> は、粘着性、摩擦性能に優れた高品質のシリコン素材中に、強力なポリエステル繊維を埋め込んであるので、<固着解除シート> としてだけでなく、<クセ・ヨレ除去シート> としても、最高の性能を発揮します。

皆様も、クセ・ヨレの無い仕掛けを駆使して、最高の釣をお楽しみください。

 

 

 

Posted in 詳細/固着返し | <固着返し>活用の<仕掛けのクセ・ヨレ除去シート> はコメントを受け付けていません。
11月 18

爆釣祈願 – <落ちギス爆釣>はあるのかな~~?

最近、爆釣祈願ブログを更新していないのですが、釣りに行っていないわけではないんです。

今年も、2~3ケ月に1回位は、投げ釣りを楽しんでいるのですが、爆釣・束釣りはおろか、ミニ爆・プチ爆にも巡り会えず、特に、ワイフ同伴の時は1時間も釣れないと、直ぐに諦めムードに突入し、美味しい地元料理店探しのグルメ・ドライブに変更されてしまうんです(笑)!

お陰様で、釣りの途中(?)にもかかわらず、マグロの漬け丼、海老カキ揚げ丼、穴子テンプラ、伊勢海老ラーメンなど、美味しい物が食べられるようになりましたが、これを爆釣祈願ブログで紹介するわけにもゆかないので、ブログの更新ができないんです。

近年、特に、落ちギス爆釣がなくなったのは、勿論、キスの大群に巡り会えないからなのですが、地球温暖化の影響か、海水温の高い状態が続き、又、短時間の気圧変動で発生する強風によって沿岸海水が濁る日が多くなり、中型キスが大群となり、越冬準備のため接岸して荒食いをする習性が薄れて(無くなって)しまったのではと心配になります。

事実、昔、投げキス釣りを楽しんだ <タイ・バンコック周辺> では、キスはいつでも釣れるものの、日本のような<落ちギス爆釣>は無いとのことで、<落ちギス爆釣>が、日本の四季が主因の、日本特有のキスの行動であることは間違いありません。

そんな <落ちギス爆釣> を夢見て、11月16日、房総半島・外房に行ってみましたが、期待の鴨川海岸は、薄濁りでキスの気配すら無し。

止む無く、外房を北上して、北~北東風の風裏に当たる、小さなワンド海岸を探ってみることにしました。

鴨川の左隣り二間浦海岸は、サーファーが群がり、薄濁りの水色でパス。

更に北上して城崎海岸を覗くと ・・・ ルアー釣りがパラパラで、何と、ブルーの綺麗な水色じゃありませんか!?

まあ・・・結果的には、鴨川、二間浦に比べれば、マシな水色だっただけなんですけどね(笑)。

 

 

 

早速、釣り始めると、ピンギス中心ながら、ポツポツと掛かってきます。

この日は小潮で、潮の動きは良くはなかったのですが、それでも昼の満潮近くになれば、中型の群れが回遊してくるのでは!!??? ・・・  と、淡い期待で待ちましたが ・・・

 

 

・・・ 昼の終了時間まで、何~~ンの群れも回遊して来ず、ピンギス中心(最大18cm)に、ポツリポツリの拾い釣りで、16尾の貧果に終わってしまいました。

 

 

 

 

釣れない話ばかりで恐縮ですが、その前は、10月22日、<秋ギス爆釣> を追って内房を回ってみたのですが ・・・

最初は、保田海岸からスタートしましたが ・・・

 

 

 

 

 

ピンギス中心にポツポツと掛かるものの、とても群れが回遊してくるとは期待できない状態で、早々に諦めて岩井海岸や館山周辺を探ってみましたが、どこにも、秋ギスの群れは居ませんでした。

 

 

 

 

内房を徘徊した結果は、ピン兄中心(最大18cm)の15尾と、これ又、お恥ずかしい貧果でした。

 

 

 

 

今年から、おなじみ連掛け性能の良い <片側半遊動テンビン> に、房総・爆釣用の大針・太仕掛けと、昔、湘南海岸で親しんだ小針・細仕掛けも総動員して、使い分けているんですが、キスの群れがいないことには、何をしても悪あがきにしかなりませんね(笑)!

先週11月14日、平年より3週間以上遅れて、北海道で初雪が観測され、関東でも、少しは寒くなって来ました。

冷たい北風が吹き始めると、沿岸の海水温も下がり始めます ・・・ だとすると ・・・ 関東では、11月下旬から12月上旬頃に、落ちギスの群れが動きだすのでは??? ・・・ などと、期待ばかりが膨らんでしまいます(笑)。

過去には、落ちギスの <クリスマス爆釣> <正月休み爆釣> も記録がありますが ・・・ さてさて、今年の <落ちギス爆釣> は、何時になるやら、有るのやら??? ・・・楽しみと不安が一杯ですね!

 

 

Posted in 爆釣祈願(投げキス編), 詳細/スーパーウイング | 爆釣祈願 – <落ちギス爆釣>はあるのかな~~? はコメントを受け付けていません。